パチンコ店チェーンでの、禁煙化の情報です。

 全席禁煙パチンコ店じわり 「たばこ臭い」イメージ払拭
  =『朝日新聞 DIGITAL』7/9(月) 20:45配信=
   (さらに続きが読める有料会員版はこちら)

 パチンコは、ギャンブルとして、依存症者が出るなど大きな問題もありますが、
  (韓国では日本から入って一時ブームとなりましたが、全面禁止になりました)
客も店もともに、優良な遊戯をめざせば、ということで、本ニュースでもとりあげます。(くわしい理由は後述)

 以下囲みは記事の抜粋です。(「……」は文の省略箇所)

“受動喫煙対策を強化する改正健康増進法案が、今週中に成立する公算が大きい……多くの人が利用する施設内は基本的にたばこを吸えなくなる……パチンコ店も例外ではない……禁煙にする店もじわりと増えている。”

 と始まり、2010年の開店時から禁煙にしている一支店の、
常連客の声をあげています。

“「たばこの臭いが髪や服に付くのが嫌だった。今後は煙を気にせず、お店を選べる」”
“喫煙者の男性(22)は……別の店でたばこを吸いながらパチンコをし、近くの客に嫌がられた経験がある。「自分の煙が他人の迷惑になっていないか気にしてしまう。喫煙室で吸うほうが他人を気にせず、気分転換にもなる」”

「ダイナム」は全国406店のうち、26店が禁煙とのことです。

禁煙化は客質も良くするはず

 じつは筆者も25年ほど前まではパチンコ好きでした。(タバコは嫌でしたが。それなのに)
最後の頃は、大阪難波にあった禁煙店に行ったり、普通の店に行く日は、覚悟して行ったりしていました。
 忙しいときにしばらく行かなくなったら、もう全くする気がなくなってしまって現在にいたりますが、
それ以降、受動喫煙にさらに敏感に、嫌煙の度合いがいっそう増したものです。(いまは禁煙でも行く気がしませんが)

 ある禁煙化した、女性一人でやっている小さい居酒屋に聞きましたところ、
「禁煙にしてから、怖い客が来なくなった」
 とのこと。
 先に述べましたように、パチンコそのものが問題あるものですが、
禁煙化することで、優良なお客さんが中心となり、お店の雰囲気がよくなるのでは、との期待がもてます。
パチンコによる社会問題の撲滅のためにも、全店の禁煙化を進めるべきだとおもえます。

 写真は、東京都・品川駅前のパチンコ店店頭の“店禁煙”の掲示です。
 ただし同店内は禁煙ではありません。
  (「品川」駅は品川区ではなく港区なので、きびしい条例が適用されています)

品川駅西口北側のパチンコ店 ’18年3月11日

 ☆当サイトではご意見を受け付けています。「お問い合わせ」欄からぜひご投稿ください。