受動喫煙のあるお店は避けようとする人のほうが多い、という調査結果を、
 民間の「日本医療政策機構」がまとめたとのことです。

 以下囲みは上の記事の一部抜粋・「……」は文省略・太字化は引用者によります。

 喫煙可の飲食店 6割が入店避ける 分煙も2割強
  =『毎日新聞』2018年8月29日 07時00分=

“喫煙できる飲食店に入るのを避けたい人は58%……分煙でも4分の1の人が入店を避ける”

“国民の嫌煙志向が色濃く出た結果”

“6月、成年男女1000人を対象に、行こうとした店が喫煙可(分煙含まない)だったら入るのを避けると思うか尋ねたところ、「そう思う」が58%と過半数を占めた。……分煙でも避けると答えた人は25%。加熱式たばこによる受動喫煙の健康への影響が気になる人も36%だった”

“同機構……は「飲食店ではたばこを避けたいと思う人が多いことを結果は表しており、店側は禁煙対策を一層推し進める必要がある」と指摘する”

 「喫煙できる飲食店は避ける」58% NPO法人が調査
  =『朝日新聞DIGITAL』8月30日05時01分=

“逆に、禁煙の店を避けると思うか、と尋ねると15.1%が「思う」とした”

 喫煙可の飲食店を避ける人は約6割、特に女性で顕著 分煙でも約25%が入店をやめると回答
  =『キャリコネニュース』8.30 =

“受動喫煙を経験したことがある場所としては、路上が61.5%で最も多く、2番目は飲食店(61%)、3番目はゲームセンターなどの遊技場(51.5%)だった。自宅という人も17%おり、家族からの受動喫煙に困っている人も少なくないようだ”

 報道のもとの発表はこちら

 【プレスリリース】「2018年 日本の医療に関する調査」(速報版)
  =日本医療政策機構=

“女性の約63%は「喫煙可」の飲食店への入店を避ける”
“「電気加熱式たばこによる受動喫煙」 の健康への影響が気になる人は……気にならい人を上回る”

 さらに、論説も。よく良い記事を書いている岩永記者です。

 自由に喫煙できる飲食店は6割が敬遠 加熱式たばこの健康影響も3分の1以上の人が気にしている
  =『BuzzFeed Japan』2018/08/28 17:01=

“調査結果からは、早くも国民の健康への願いとのズレが出始めていることがうかがえる”

   ☆   ☆   ☆   

 この事実を見てもまだ喫煙営業にこだわる店は、どんな方針なのでしょう……?
 なにか特殊な客層を目指している?
 ではなくて、単純に、経営についてよく考えてないだけかもしれません。

 しかし一方、この調査結果を、すこしきびしい目で見ますと……、

 これら市民の声は、よく読むと、(設問からして)「そう思う」「避けたい」です。
 “絶対”や、“ほとんどそうしている”……ではありません。

 じっさいは、人といっしょとか、近くによい店がなければ、入ってしまうという人は、多いのではないでしょうか。

 作家の林望氏が講演で「禁煙が進まないのは、非喫煙者の寛容性のせい」と主張されていて、なるほどとおもったことがあります。
 そのせいで、喫煙店に、「非喫煙者も来店しているから」と思わせてしまっているのかもしれません。

 受動喫煙にしっかり「拒否」の姿勢を示すことが、自分のため、社会のために、必要だとおもえます。

 ☆当サイトではご意見・ご感想・情報を受け付けています。
 下記コメント欄または「お問い合わせ」欄からご投稿くだされば幸いです。