受動喫煙にあったときの身体内部(肺)の状態がよくわかるシミュレーション機材「スモーキング モンスター」

 おもしろい教材ができたそうです。

  受動喫煙をシミュレーションする学習教材 SMOKING MONSTER(スモーキング モンスター)を製作
  ~女性主体のプロジェクトからアイデアを出し誕生しました!!~

  =『PR TIMES(株式会社 三幸製作所)』2018年9月25日 10時58分=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“受動喫煙が注目されてきた昨今、受動喫煙による影響が分かるような教材を製作しようと、女性従業員の有志が集まり……新規製作することになりました”

“今回のSMOKING MONSTERは本体の箱の中にタバコの煙を溜め、それをSMOKING GUYが吸うことで、副流煙(タバコから出た煙)の影響を目で見て分かるようにしたものです”

“主流煙だけではなく副流煙も“怖い”存在であることをアピールするために煙の漂う室内を『タールを被ったモンスター』にしました。(カタログはこちらから→https://prtimes.jp/a/?f=d37082-20180925-6799.pdf)”

“喫煙に対する子供のころからの教育はとても重要であると感じています。子供たちが教材を通じてタバコの危険性を知り、大人になってから興味本位でタバコに手を染めないで欲しいと願っております”


 その動画です。
 SMOKING MONSTER (スモーキングモンスター ) =YouTube=

 いままで、「喫煙すると(喫煙者自身の)肺や身体がどうなるか」の教材は、日本でも外国でもいろいろありましたが、
受動喫煙でどうなるか」、のモノは、なかったとおもいます。
 (ありましたら、おしらせください。追加掲載します)

 やはりこれも時代の変化、(喫煙の害なんか当たり前で)受動喫煙が注目されるようになった、ということでしょうね。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*