“スモハラ” = スモーク・ハラスメント
職場などで、受動喫煙を受け続けてしまうハラスメント、迷惑行為のこと、です。
 (一時的な受動喫煙被害に対しては、あまりいわないようです)

 「スモハラ」=『コトバンク』=
 「スモークハラスメント」=フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 この言葉は、自動車教習所に勤務していた男性の訴訟がマスコミで報道されてから、とくに広まってきたようです。

 この方の法廷闘争は、『STOP受動喫煙 新聞』第8号から、小さな続報も含めて連載し、第15号でその和解・終結を掲載しました。
 ※その後も、その方による、さらなる職場の喫煙所移動と、公共の場所での受動喫煙撲滅活動も第19号で報道、また韓国国営放送からの取材を第22号に掲載しています。

 当時の各報道で、今でも開けるものを列記します。

 受動喫煙訴訟、原告の請求を棄却 地裁判決
  =『カナロコ(神奈川新聞)』2015/11/19 20:50=

 たばこの煙「スモハラ訴訟」原告敗訴で分かったこと
  =『まいじつ』2015.11.25 17:30=

 100万円で和解…「スモハラ訴訟」が話題になっている
  =『NAVERまとめ』2016年05月19日=

 もはや暴力!? 周囲を不快にするスモークハラスメント体験談3選
  =『ウーマンエキサイト』2016年5月26日 21:00=