受動喫煙が原因の医療費は3300億円

タバコの害による総損失2兆円超

東京新聞(共同)2018年8月8日(水)

 

厚生労働省研究班の推計によると、タバコ害による2015年度の総損失額は医療費を含めて2兆500億円に上るそうです。

中でも私たちが注目すべき数字は、自分から喫煙しているわけではない人たちが強制的に吸わされている、
受動喫煙が原因の医療費の額です。

その額3300億円。この医療費のうち「脳血管疾患」が多くを占めているとのことです。

また、タバコが原因で起きた火災の消防費用に、吸い殻の清掃費用も合わせると980億円に上ります。

厚生労働化学研究成果データベース】「受動喫煙防止等のたばこ対策の推進に関する研究」

 

受動喫煙による健康被害への影響力は大きい

上記の数字を見ると、喫煙者に対して「喫煙時はマナーを守って」と訴えるだけでは、健康被害は防げそうにないという不安がつのってきます。

今の時点では、自分の健康は自分で守らなければならないということなのです。

国や地方公共団体の、より細かな取り組みに期待せざるを得ない状況ですが、

実際に受動喫煙による健康被害や精神的被害に遭っている方が、気軽に相談できる、身近な機関が各地でつくられていくことも望まれます。

 

 

 

受動喫煙が原因の医療費は3300億円”に1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    呆れた話です。
    煙草そのものが、税金の塊ということが、いかにもわかる感じです。
    どのようになろうが、勝手にしてくださいと言うことなんだろうか。。。。
    国の仕事に不都合な問題は、全部綺麗に片付けてしまう物なのか。

    だから、「日本には、裁判所は存在しない」という説の意味が納得できます。

    煙草についての問題に、これほどまで一生懸命に取り組んでいる人達も居るというのに。。。。
    無駄にしてほしくないわ

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*