当欄では何度も紹介している、全国一斉禁煙化の居酒屋チェーン
「串カツ田中」の影響で、
いままで禁煙化には遠いと思われていた業種も、禁煙化が進んでいる、という報道がありました。

 「串カツ田中」が全面禁煙成功で、ジャズ喫茶やパチスロ店まで追随し始めた
  =『Wezzy』2018.10.30=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

大和浩教授(産業医科大学・産業生態科学研究所・健康開発科学研究室)に取材したところ、むしろ、屋内全面禁煙化に関する《日本の遅れ》を嘆く…2004年のアイルランド…2016年までに55カ国が居酒屋(カフェやバー)を含めて全面禁煙とし、アメリカも27州”
“レストランなどが禁煙化されてみると“営業収入の減少”は起きなかった。結果は逆に……“非喫煙者の来客数”が増して収入増に繋がった――それは多くの科学論文で証明され、しかも(タバコ産業から助成金を得ていない)研究者が書いた66論文中63論文が、全面禁煙化による「収入面の影響なし」”

“「串カツ田中」の英断と成功例に伴走したかのような全面禁煙化の流れは、《タバコと相性が濃い》印象の分野でもじわじわと浸透中”
“吉祥寺の老舗ジャズ喫茶『メグ』は、店主交代にともない「全面禁煙店」に大きく舵を切った。
マーケティング会社経営の新店主に引き継がれ、今年4月に新装営業を始めた『音吉!MEG』が大きく謳うのは、「全面禁煙」だ”
“「健康パチンコ(R)WESTEND」。《受動喫煙ゼロ宣言》を謳う同店では今年9月1日より、従来は喫煙できたスロットフロアも全席禁煙に踏み切った”

 報道は最後に、

今や世の中全体が、「無煙」傾向にあることは間違いないようだ

 と結んでいます。
 
 

 
 「串カツ田中」横浜市の某店。
 「禁煙になったから来てみた」という高齢者グループと、
 「客層が大きく変わりました」という、喫煙時代の開店当初から勤務する店員と。