名古屋も「子どもを受動喫煙から守る」条例へ

 名古屋も、条例制定へ動き出したようです。

 子供の受動喫煙防止 名古屋市長、条例制定を指示
  =『日本経済新聞』電子版2018/11/29 20:55=

 (以下抜粋)

“河村たかし市長は29日、子供の受動喫煙を防ぐ条例を制定する考えを示した”

“東京都などが独自に受動喫煙を防ぐ条例を制定していることを踏まえ「条例案を提出する準備をするよう(事務方に)指示したい」”

 この報道文の後半では、「子ども」とは言わずにたんに「条例」と言っているので、
“子どもを守る条項をはじめとした、他も広く対象にした受動喫煙防止条例の制定案”
と解釈してもよいのでしょうか。

 まだ議会で述べただけの段階ですが、昨今の状況から何らかの進展はすることでしょう。
 応援していきましょう。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*