名古屋も、条例制定へ動き出したようです。

 子供の受動喫煙防止 名古屋市長、条例制定を指示
  =『日本経済新聞』電子版2018/11/29 20:55=

 (以下抜粋)

“河村たかし市長は29日、子供の受動喫煙を防ぐ条例を制定する考えを示した”

“東京都などが独自に受動喫煙を防ぐ条例を制定していることを踏まえ「条例案を提出する準備をするよう(事務方に)指示したい」”

 この報道文の後半では、「子ども」とは言わずにたんに「条例」と言っているので、
“子どもを守る条項をはじめとした、他も広く対象にした受動喫煙防止条例の制定案”
と解釈してもよいのでしょうか。

 まだ議会で述べただけの段階ですが、昨今の状況から何らかの進展はすることでしょう。
 応援していきましょう。