コンビニ、といえばその名の通り便利で、都会では欠かせない存在となっていますが、
店頭に灰皿がある店舗が多く、コンビニの客でもない喫煙者も勝手に喫煙所としており
利用客の出入り時はもちろん、通行人にも受動喫煙の被害を与えています。

 またその常態化のため、灰皿を置いていないコンビニでも、店頭で吸う輩が多くいる状況になっています。(末尾に証拠写真)

 このたびセブンイレブンが、英断を下しました。まだ東京だけですが、早晩、全国に、また他のチェーンにも広がっていくことに期待します。
 (以下報道とその抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者)

 都内のセブン、灰皿撤去へ 受動喫煙対策で加盟店に要請
  =『東京新聞TOKYO WEB』2018年12月1日 21時09分(共同)=

“都内のフランチャイズ加盟店に対し、店頭にある灰皿の撤去を要請”

“店頭の灰皿撤去を求める声が増えていたという。マンションの1階にある店舗で、上階の住民から苦情が寄せられた例も”

 セブン、都内で灰皿撤去へ 加盟店に要請
  =『日本経済新聞』2018/12/1 20:02電子版=

“来店客や近隣住民からの苦情が増えていることに対応する。……受動喫煙対策が強化されるなか、健康配慮の姿勢を打ち出す。飲食店で増える禁煙の動きが、小売りの店頭にも広がってきた”

“セブンは東京都内に約2700店を展開し、このうち4割弱の1千店で灰皿を置いている”

“セブンの全国2万店超のうち96%の店舗がたばこを扱っており、たばこの販売額は全体の売上高の約25%を占める……灰皿を撤去した後の売り上げや客数などを検証し、撤去要請を全国に拡大するかどうかを判断する”

“都議会で受動喫煙防止条例が成立して以降、セブンのお客様相談室には店頭の灰皿の撤去や店付近での禁煙を求める声が前年比で4倍に急増

“店外に置かれる灰皿は、条例などで喫煙を禁止されている場所を除いては、都や国の受動喫煙対策で規制対象になっていない。セブンの取り組みの結果によっては、小売業界に同様の動きが広がる可能性がある

 その他。

 セブン-イレブン、都内で灰皿撤去=受動喫煙対策、3日から順次
  =『時事通信社『JIJI.COM』2018年12月02日10時57分=

 ますます肩身の狭い境遇になる喫煙者 風当たりが強過ぎるという声も
  =『キャリコネニュース』2018年12月5日 7時0分=
 
 
 以下は私が撮影したものです。


灰皿のないコンビニの横での喫煙者。(2014年)

 
 
 

ローソン(関内大通り)


 下の写真は、さいきん増えてきた、店内に喫煙所を設置した店舗です。
 通行人にはこの方がましですが、店内では漏れて全体に充満するので、利用しなくてはいけない人にはもっとひどいことになります。

 店内・店外とも喫煙所が無いコンビニ、あったが撤去したコンビニも、多数あります。

 買う客にも「トイレ貸せません」のコンビニも多くあるのですから、喫煙所など、全廃すべきです。

ご意見をどうぞ

 以下は活動仲間より奨められました、セブンイレブンへの問い合わせフォームです。
 ご意見や応援をどうぞ。

 株式会社セブンイレブン・ジャパン ご意見・お問い合わせ

 なお、「一般社団法人 日本禁煙学会」は、同社に「感謝状」を贈ったそうです。
 セブンイレブン古屋一樹社長に感謝状を贈りました