受動喫煙防止条例・法の開始(施行)に向け、飲食店へのお知らせが完成:日本禁煙学会

 来年2020年4月からの、全国的な改正健康増進法や、東京など各地の受動喫煙防止条例の施行に向け、
主に飲食店を対象に、禁煙・分煙・喫煙可それぞれのやり方や長短をわかりやすく図示した案内を、「日本禁煙学会」が作成、公開しました。
 以下からダウンロードできます。

 「2020年4月飲食店 屋内禁煙」のリーフレットを掲載しました
  =「一般社団法人 日本禁煙学会」2019年6月=

 禁煙化を促す内容となっています。自由に印刷して、飲食店や組合に渡してほしいとのことです。
 (以下の画像はクリックで拡大します)

全国版 表

全国版 裏

東京・千葉版 表

東京・千葉版 裏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なお、禁煙学会に切手1000円分を送れば、50部送ってくれるそうです。

受動喫煙防止条例・法の開始(施行)に向け、飲食店へのお知らせが完成:日本禁煙学会” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    飲食店では、ある程度の時間を働けば、まかないが付きます。
    しかし、料理人に喫煙者が多いのが現実です。
    その人がこしらえた料理は、悪いけど、塩加減が強すぎたりして、今一です。
    何たって、喫煙者の味覚は正常ではない。 

    1. パンダ より:

      飲食店の料理人、手からニコチンが吸収され緑タバコ病になるとしたら、手を洗ってもニコチンがなかなか落ちないのではないのでしょうか?

      「喫煙者の多い業界(客含む)」
      飲食業界、建設業界、運送業界、警備業界、食品工場、コンビニ業界、スーパー業界、市役所等施設、金属業界、旅館業界、パチンコ業界、タクシー業界、農業、自営業、介護業界

      「喫煙者の少ない業界」
      保育園、幼稚園、小学校、中学校

      他に喫煙者の多い業界や、喫煙者客の多い業界、喫煙所有は何があるのでしょうか。
      また喫煙者の少ない業界や、喫煙者客の来ない業界は何があるのでしょうか。

      1. 受動喫煙撲滅機構 より:

        パンダ樣

         喫煙者が少ない職業では、やはり医師・医療関係者がそうで、数年前に見た統計では、一割程度でした。
         ただ、専門科によって差があるようで、精神科医と外科医には喫煙する医師が多いと、禁煙運動の医師などから聞いています。
         少ないのは咽喉科や歯科だそうで、やはり、タバコの害を直接見て解っている医師には少なく、喫煙の影響が直接は出ない科には喫煙医師が多いようです。(うつ病には喫煙者が多いとか、縫合治療がくっつきにくいとか、間接的には影響があるのですが)

         もし医院・病院にかかってタバコ臭かったら、しっかり苦情を入れましょう。

         喫煙者の多い業界としては、運転手をあげられていますが、同様なのでしょうか、自動車教習所の教官には多いそうです。
         以下のサイトニュースにあげました、教習所の受動喫煙と闘った原告によると、6割くらいは喫煙者だったそうです。
         “スモハラ”=「スモーク・ハラスメント」、知っていますか?
         この人の闘いで喫煙場所が減り、また裁判がマスコミでも取り上げられて、卒煙した人は多いそうですが、原告が定年退社したころでも5割はいたでしょう、とのことでした。
         

        1. パンダ より:

          受動喫煙撲滅機構様

          いつも色々な情報ありがとうございます。
          トラックもタクシーも喫煙者が多いとなると、車関係の自動車教習所も多いんでしょうね。
          確かに整備工場とかも多い気がします。

          病院なら呼吸器科とか喫煙者が少なそうですが、禁煙外来の患者が来るので、喫煙者は多いですよね。

          お客さんとか患者さんとかなると、避けられないですよね。
          人と接する事のない仕事で喫煙者のいない職場探しはかなり難しいですよね。
          社員数が多くても喫煙者確率が高いでしょうし、自営業みたいな所も守られてないですよね。

  2. ユカタン より:

    禁煙どうするも何も、各地区で全然違います。

    例えば、新宿の高田馬場駅周辺には、飲食店がズラリと建ち並び、いろいろあって嬉しくなる半面、ランチ時でも喫煙を認めている飲食店があります。
    ちゃんとしてる禁煙の店もありますが、どうも外国系の飲食店が、構ってないみたいです。
    入った途端、テーブルに灰皿を並べてある光景が見えるなどです。
    外国人だから仕方ないだろう、許せるだろう的な考えも、治安悪化の原因になりそうだ。
     

  3. ユカタン より:

    その場の雰囲気で、外食などをしたくなります。
    ただただ、その出入口付近で、恐れるのが、毎回、煙草を吸える場所になってないかと言うことです。
    完全禁煙!
    買い物帰りに、ちょっくら行きたくなる事があります。
    近くにドトールコーヒー店があり、前は、何度か朝に利用してました。
    それも、分煙だからという事もあり、安心しておりました。
    だけど、この日、買い物ついでに、通り掛かると、小さいお子様連れのママさんが、店から出て来られましたが、変に煙草の臭いがしました。
    ドアがある分煙の場所だから、安心して小さなお子様も沢山連れて来る姿があります。
    それに、新宿東口から直ぐのケーキが美味しいと宣伝していたカフェも、逃げるように出て来た事があります。(アルタ前の並びにありました)
    目に見える強力な煙草の煙にびっくり仰天でしたね。
    はあーあ、第三次喫煙まで理解する事も、なかなか、一苦労、一工夫だね。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*