住宅受動喫煙の全国調査~ 「タバコの臭いに不快感」「我慢している」「健康被害」…=『リビンマッチ』調べ / 受動喫煙への対策とは?

 現代、受動喫煙被害でもっとも深刻なものは、住宅での、隣人からの受動喫煙でしょう。
 当機構や他の活動団体への訴えや相談でも、住宅被害の声が大多数を占めています。

 しかしいままで、とくにその実態調査は行われていなかったようですが、このたび、不動産関連の調査会社が、その画期的な全国調査を行い、結果が公開されました。

 【調査】自宅での喫煙と受動喫煙防止策集合住宅居住者の喫煙率は34.2%、戸建ては43.2%!自宅での受動喫煙、半数以上が対策なし!
  =『リビンマガジンBiz』(リビン総研)運営:リビン・テクノロジーズ株式会社 2019年05月28日=

 以下、囲み内は報告文からの抜粋です。「……」は文省略・太字化は引用者によります。(同社の許可を得て転載、『STOP受動喫煙 新聞』次号27号にも掲載予定です)

・ポイント1 戸建て居住者の方が集合住宅居住者よりも喫煙率が高い!
・ポイント2 電子・加熱式タバコも気になる人は50.5%。
・ポイント3 自宅での受動喫煙防止策「特に何もしていない」は50%超も!

 

自宅内での喫煙場所に差が

……「自宅での喫煙場所」を聞きました。戸建て居住者は『自分(家族)の部屋』……『リビング』……『キッチン(換気扇の下など)』……
に対し、集合住宅居住者は『自宅では喫煙しない』……『リビング』『自分(家族)の部屋』の順となり、住居形態によって多少の違いが見られます。


 これは、やはり集合住宅に住む喫煙者は、近隣に気を遣っている割合が多い、ということでしょうか。
 最初の報告、喫煙率も、集合住宅のほうが低いということでした。

“「約3割が外からのタバコの臭いに不快感!」
昨今、タバコによる近隣トラブルが増えています。実際、タバコにより自宅でどのような不快な思いをしているのでしょうか?……『特にない』……が約半数を占めましたが、実際不快と思うことは『タバコの臭いがする』(戸建て:32.9%、集合:28.1%)が共に最も多く、『タバコの煙が来る』(戸建て:16.4%、集合:14.9%)、『ポイ捨て』(戸建て:9.4%、集合:10.5%)、『洗濯物にタバコの臭いが付く』(戸建て:9.4%、集合:7.0%)とつづき、住居形態による差はありませんでした。また、『その他』……には、「喘息が悪化し、2回入院した」という人もおり、健康被害にも繋がっていたことがわかりました。”


 “新型タバコ”についても意識調査をしています。

“『電子・加熱式タバコもタバコと変わらないので気になる』(全体:50.5%、戸建て:47.4%、集合:56.1%)、『電子・加熱式タバコは気にならない』(全体:49.5%、戸建て:52.6%、集合:43.9%)となり、喫煙率に比例した結果となりました”

 そして、被害への具体的対策は――。

“……健康被害にも繋がる「受動喫煙を防止するため、それぞれの自宅ではどのような対策をしているのか」……『特に何もしない』(戸建て:55.4%、集合:53.5%)が約半数……これは「タバコにより自宅でどのような不快な思いをしていますか?」の設問回答と数字がほぼ同じため、不快な思いをしていないから対策もしていないと捉えられます”

“対策としては、戸建て・集合住宅居住者共に『自宅内禁煙』(戸建て:35.7%、集合:34.2%)が最も多く、『隣家が喫煙中は窓を開けない』(戸建て:6.6%、集合:20.2%)とつづき、『近所関係が悪くなるので我慢する』(戸建て:5.2%、集合:5.3%)など解決法がないため、我慢している人もいました”

(『リビンマッチ』調査より転載)

 

どのような対策があるか?

 ここからは、受動喫煙撲滅機構・編集局による文です。
 では、現在、そのような受動喫煙被害には、どのような対策が考えられるのでしょうか?

 前掲の調査でも「我慢する」や、窓を閉めるだけの消極的な対策が見られましたが――、
 当機構や禁煙運動の活動者らが長年、声を聞いてきて、いままで考えられてきた、解決に向かう助言を述べたいと思います。

「逃げる」か「あきらめる」か「闘う」か

 まず、受動喫煙被害に対しては、
“逃げる・避ける” “我慢する・あきらめる” の他には、
“闘う” =申し入れなどを行う、しか、選択がありません。
 そのことをじゅうぶん理解・意識する必要があります。
 (これはその他の問題に対してもいえることでしょう)

 「闘う」といっても、きびしいこと、攻撃的なことではありません。やさしい申し入れやお願いでも、闘うことの一種です。客観性が必要です。

 以下、長くなりますので、次の機会に続きを掲載したいと思います。
 前述の選択や今後の行動に対して、どんなことが考えられるか?
 みなさん、まず考えてみてください。投稿もお待ちしています。

 参考→当サイトのリンクページ「住宅・タバコ問題解決.net」他

住宅受動喫煙の全国調査~ 「タバコの臭いに不快感」「我慢している」「健康被害」…=『リビンマッチ』調べ / 受動喫煙への対策とは?”に12件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    今の環境での受動喫煙にならない方法は、難しくても日々模索するしかないのです。何かあるだろうと考えてしまう。
    でも、一休さんの“とんち”みたいにはなかなかいかないです!

    喫煙者宅のバルコニーを完全にふさぎ込むようにして、一切タバコ煙害が外部に漏れないようにする。
    同じように玄関ドアもそのようにして、喫煙者がタバコを吸う度に直に自分のタバコ煙害を吸い込む仕組みにする。
    換気ができない喫煙者は、困り果て心身苦しくなり禁煙する?
    このような住居でのタバコの問題は、何といっても非喫煙者側が防御するようになるのが、不思議で仕方ない。
    喫煙者が工夫するのが当たり前なのに。当たり前が当たり前にならない。
    そこで食い違うからトラブルが発生する。
    でも、非喫煙者は喫煙者から届かない存在のように、守られた暮らしをさせて頂かない限りは、受動喫煙の解決に及ばない。
    第三次喫煙が日常茶飯事となれど、苦しいだけです。苦しい苦しい....
    何で未だに、喫煙者と同じ建物で缶詰のようにされて生活しないとならないのかって考えてばかりです。
    喫煙者が倒れるか、非喫煙者がダウンするかみたいになるのか。
    住居での喫煙は害だけに限らず不衛生過ぎます。たくさん汚染されるだけされてしまうのが現実なんです。
    喫煙者がその現実をしっかりと受け止めることも出来ていないから、受動喫煙が継続されるんです。
    自室で喫煙は冗談でない?エライことになる?だからベランダ喫煙が当たり前?
    そういう人は、タバコについて直ちに学ぶことです。そして間違いを正して反省して二度と同じ事はしないように。

    1. ユカタン より:

      部屋の中に入り込むタバコ煙害を当たり前のように、定着するような考えだけはやめにしたい。
      そこには喫煙者の住人との関係が悩ましい話があります。
      色々とやり取りをするにつれて、タバコの煙害に対して言い出せなくなることがあります。
      仲良くなったからと、タバコ煙害について帳消しにしてあげようなんて事は絶対にいけません。
      やはり、建物の中では全面禁煙、喫煙厳禁としてもらわねばなりません。
      そうすることで、喫煙する空間を失い、喫煙者もあきらめがつくのでは。

  2. ユカタン より:

    たばこぐらいでは火事にはならないとの考えを持つ方もいるようですが……、
    〔たばこの温度〕
    これには、加熱温度が大きく影響する。一般的にたばこ葉を加熱すると「200度前後で成分の分解(熱分解)がスタート。
    600度を超えるとたばこ葉が燃える燃焼状態になる」(BATジャパン)という。

    温度が上がるほど、たばこ葉の熱分解や燃焼による有害物質の発生量が増えてしまう。
    紙巻きたばこでは喫煙時に最高900度に達する。

  3. ユカタン より:

    厳しい状況ですね。本当に困った困ったと言える毎日です。
    公の場ならいろいろと禁煙などと決まり事として定められても、
    住宅でのタバコ煙害と言うのは、なかなか、叫んでも叫んでも、誰にも聞こえていない感じがする。
    住居の受動喫煙を、まるで口封じされているかのようだ。
    だから、役所なんかに繰り返し申入れても、管理会社、管理組合、大家も、まるで「そんなこと」って言われたようで、何とも言えなかったね~。
    解決は難しいです。
    ベランダで吸ってない!って事でも、単なる、窓を開けて喫煙すれば、同じだしね。いくらでも言い訳が通りそうだ。

  4. ユカタン より:

    どのような人柄の喫煙者でも、やはり、非喫煙者としては、お隣り付き合いみたいのは、厳しい点がありますね。
    ちょっとしたおすそ分けを頂いたのですが、それは有り難いはずなんです。
    帰宅したらドアノブに袋が、手紙とぶら下がっておりました。
    しかし、それを部屋に持ち込んだら、何だかすごーく煙草の臭いがしました!
    商品を鼻にしてみたら、まさしくタバコの悪臭です。
    染み込んだような肺が苦しくなる臭いには、驚きました。
    これが、第三次と言う事なんだろうか。
    食べ物だから、捨てるわけにいかないとおもったし、通気性よい?袋の麺であるから食べましたよ(涙)
    有名な物だっただけにショックです。もう一つのは、密閉した保存のだから、微妙な所ですが、日持ちするので置いています。
    しかし、しばらく肺なんかが苦しくて苦しくて仕方ありませんでした!
    本当に気をつけたいです。

  5. ユカタン より:

    日本のタバコ自動販売機の設置状況は、国際的には、極めて異常である事を認識して、設置を禁止するべきである。

    また、我が国のタバコ箱の警告文は、意図的に詳しい説明を加えることにより、警告としては、むしろ読みづらいものとなっている。
    警告文本来の目的を達成するためには、脱タバコ社会先進国が、採用しているような、簡潔かつ絵や写真入の目立つものにするべきである。

    1. パンダ より:

      前に会社で香水バンバン付けている社員ばかりの所で働いた事があります。
      それは臭い臭い。
      香水は本人が気付かぬ内にどんどん大量に付けるようになる。
      それが1人では無く何人もの香水が混ざるとどれだけ強烈か。

      タバコも同じです。
      一人でも臭いのに、喫煙所から出てきた喫煙者は、何人分もの臭いと有害物質を付けて出てきているのだろう。

      「反省は一人で出来るが更生は一人では出来ない」
      と受刑者の再就職先の社長が言っていました。

      タバコも同じ。
      「反省は一人で出来るが禁煙は一人で出来ない」
      周囲の協力が無いと禁煙出来ないのに、喫煙所を作り、喫煙者を受け入れる社会では喫煙者は禁煙が出来ない。

      そして
      犯罪被害者は決して忘れる事が出来ず、一生苦しみ続ける。
      受動喫煙症患者=被害者も決して治る事は無く苦しみ続ける。
      受刑者=加害者も犯罪を忘れず一生苦しみ謝罪し続けなければならない。
      喫煙者=加害者も病気にさせ煙害死にさせた事を一生苦しみ謝罪し続けなければならない。
      しかし、タバコが廃止になり受動喫煙症が完治すれば、喫煙加害者は一生苦しまなくても良いのです。

      まずは国は禁煙に税金を投資し、日本禁煙学会が反省に至る為の講習を行い、禁煙外来と家族や会社・社会の協力を呼びかけ、禁煙が出来る環境を整えてはいかがでしょうか。

  6. ユカタン より:

    マンションの同じ階、一部屋だけ、5年ぐらい空室でしたが、そこに念願の? 住人が一人引っ越してきました。
    問題としている角の住人の部屋の隣になります。
    気のせいなのか、様子を伺ってるのか? 煙草の臭いが少なくなったような。。。
    風向きもあるでしょうが、とにかく、よかったです。
    マンションにくっつくように隣接するマンションの並びの階には、そちらの大家が住まわれております。過去に何度か話しておりますが、空室の所に早く、煙草を吸わない住人が入れば、また変わるかもしれないと話していたのを思い出した。
    こちらは、下の階の煙草が上にそっくり上がってくるのも、よーくわかります。
    廊下から見ても、2階の煙草の臭いなどが、3階までしっかりとくる。
    私の4階は、何がくるかって、部屋から出て右側の方角から来ること。一番角になる5号室です。
    そして、その5号室のバルコニーの正面側に、印刷関係の会社があります。お昼時など七人ぐらい室内から出て来て、集団煙草を目撃してます。
    廊下まで流れて来たりするが、これが、反対のバルコニーまで、たどり着くかと考えたら微妙です。
    風向きや強さなんかで、どうにでもなってしまうタバコ煙の怖さ。
    だけど、思うことは、一人が声をあらわにすることで、二人目が声を出しやすいと言うことでした。

  7. ユカタン より:

    我慢を強いられる暮らしは、拷問でしかない。
    バルコニーで洗濯物なんかの作業しているとき、出た左側から真っすぐと煙草の悪臭が流れて来る。
    今なお、大変な空気中でありながらも、こんな嗜好品で、犠牲にされているとしか言えない。
    臭いがすると動悸がしてきます。
    はっきり言うというのも、この人達をつまみ出さねばならないってことで、自身の変な同情するような考えはヤメにしました。
    大変だ!動悸がする毎に殺されてしまうという危機感で!
    喫煙者のほとんどが、煙草の知識としても、他人に与える害にしても、何にも知ろうとしない。
    ニコチンが、肺ガンがと並べるだけで、なるときはなるぐらいです。
    煙草を吸わないでもガンになるやら開き直られても、受動喫煙の意味さえ知らない!
    そうやって、がっちりと構えるように喫煙する人は、外見も最悪な状態になってますよ!これは言える。

  8. ユカタン より:

    住まいでの受動喫煙は、異常としか言えません。
    自分たちの単なる満足しかならない煙草から、健康被害となること。
    これらの流れを考えるだけで、反しています。

    そして、見てきてわかるのが、喫煙者は、イライラは元より、眉間にシワが多くなるようです。
    眉と眉の間は肺に通じるツボがあり、その箇所が、深くシワになるか、ならないかだけで、肺の状態が良いか、悪いかは、シワでも現れるみたいです。

  9. ユカタン より:

    大都会なら、一戸建てもマンションも大して変わらないと思いました。
    何しろ、隣同士が、くっついていることが、ほとんどですよね!
    よっぽど、お屋敷の立派なお宅でもない限り、間隔は狭すぎます。火事にでもなれば、燃え移りますよ。
    これについても、いまだに目にしては、目が点になるぐらいです。
    これでも、煙草を吸うなんて、やっぱしおかしいよね。。。。
    頭だけで悪いとわかりながら、煙草を吸う。これを考えれば考えるほど、気持ち悪くなります。(いや、吸いたいから仕方ないではね。。。)
    吸ったもんが、こちらに流れて来る。それが、健康被害になって現れる。

    札幌で、よく通い詰めていた、有機ゲルマニウム温浴。ただのゲルマニウムでは、無意味になりますが、有機です。
    何故、これに、こだわるかと言うと、食品添加物から、煙草からの物質まで、体外に出す働きがあるからです。
    保健所からの効果などの紙も目にした事がありました。
    似たような効果があるかなと思うのが、ドラッグストアに売られているゲルマニウム温浴入浴剤です。
    こちらも一応、有機みたいですが、20分入れば、2時間エアロビクスしたぐらいの効果だのとありますが、老廃物などを流すという事でした。一袋、300円ぐらいです。毎日、喫煙者が、ワンコインぐらい使ってるより、考え方かな。。。。

    でも、被害のまんま、放置も蓄積されて、怖いですよね!

  10. ユカタン より:

    私もこのように、住宅での受動喫煙を問題視する記事は、大賛成です!
    道程は、長いかもしれないけど、声は、1番ですよね!
    外気も室内も化学物質まみれでは、人間が暮らす環境ではないですから。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*