女性はやはり受動喫煙がイヤ~本音コメント集

 女性たちの本音コメント、前に紹介しました同じサイトの、以前のものを見つけましたので紹介します。
  前回ニュース→’19年9月12日 女性たちの本音=“飲み会は参加したいがタバコ臭いのはイヤ”

 今回は、受動喫煙被害そのものについて、4年前のものですが、すでにこうでしたので、いまはこれよりもっと被害の声は多く、強いと想像してお読みいただければ。

 【嫌煙者限定トピ】タバコにイラっとくること
  =『ガールズちゃんねるGirlsChannel』2015/02/06(金)22:41=

 例によって以下興味深いものを抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“タバコの臭いがすると、歩きタバコしている人を探す。自分の前を歩いてる人だとわかるとちょっと先でも走って追い抜く”

“保育園に迎えに行くとたまにひどいタバコ臭のお母さんがいる。いかにも今吸いましたみたいな。
そんな車に子供乗せるとかあり得ない

“屋外なら吸ってもいいだろ。みたいな顔して吸ってる人。
屋外でも煙に当たるからやめてほしい”

“通学時間帯で子どもがうじゃうじゃいるのに平気で歩きタバコしてる奴、信じられない! 馬鹿なのかなと思う”

“飲み会の席で「タバコ吸っていい?」って言われてタバコ出されたら、その場のノリ的にも断りにくいし「いいよ」としか言いようがない--;
でも正直 食べ物や飲み物があるところでタバコなんか吸わず「喫煙室行けや」って思う”

“今時煙草吸う人は男女関係無く引く”

“くさいだけならまだしも、喉に何か詰まる感じでむせるから本当にタバコ嫌い。
前レストランで禁煙席なのにタバコの匂いがした。そういう施設ない?”

“将来的に周りに影響のないタバコが出れば嫌煙にはならないと思う
けど現実のタバコは臭いしこっちの健康に害がでるのでやはり嫌い ”

“……友達の子供のこと考えてお子様セットやドリンクバーあるファミレス提案したのに
強引に居酒屋行こうって言うし
もうあの子は誘わないなと思った”

“喫煙マナーが悪いのはたいていおっさん
若い子の方はまだ気を遣ってくれる”

“日本全国歩きタバコ禁止にして欲しい”

“都内某区。あれだけ歩きタバコに厳しい地区なのにどうしてまだこんなにいるの?!”

“元喫煙者です。
喫煙しているときは周りに気を配っていたつもりでしたが、辞めてから気付いたのは
吸っているときはもちろんですが、吸った後のニオイがきついこと。
吸っている本人は気付いてないんですよね”

“たばこの臭いごまかすために香水プンプンつけてるやつ、混ざって余計に臭いんじゃー!
こっち来んな!”

“吸う人に吸わない人が気を使う意味は??? タバコなんて無くてもいいものであり、ニコチン中毒者には保険が出る立派な病気。吸わない人には吸ってる人以上に有害物質が入った副流煙を吸わされる”

“赤の他人が吸う必要の無い副流煙を吸って病気になったり喘息で苦しんだりあの臭いに不快な思いをしているのに喫煙者なんかに何の配慮をしろと?
マナーのいい喫煙者を探す方が難しいよ”

 まだまだいっぱいありますが、キリがないほどあるのでこの辺で……。
 みなさんのコメントもお待ちしています。

 
画像は9都県市による啓発ポスターです。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

女性はやはり受動喫煙がイヤ~本音コメント集” に対して8件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    喫煙者住民に対して、「タバコ臭い!空気よごすな!」と玄関出て、叫び散らした。
    そしたら、間もなくして、警察官がうちにきました。
    「タバコ臭いとか叫んでうるさいと110番が入りましたので」とのこと。
    自分たちの喫煙は棚に上げて、片側だけのことを訴える卑怯な喫煙者住民たちです。警官にお入りくださいと、部屋にあげて、叫んだ理由から説明した。
    さんざん話したところ、警官は理解され、叫んだ私はそれ以上注意されることもなく、「それでは今から住民に注意してきますので」と注意をしに行っていただきました。
    しかしながら、なかなか、住環境は受動喫煙の飛び火がなくならないですね。

  2. ぶたこ より:

    つい先ほども隣人Yさんのタバコがうちの家の中にはいってきました。もう30年くらい隣人Yさんの受動喫煙被害を受けてます。Yさんはベランダでホタル族、換気扇族など多様な方です。

    定年退職したので昼間もタバコ被害があります。
    近隣住民にとって喫煙者の定年退職問題は深刻です。
    昼間も家にいるので被害が増えるからです。

    このYさんの奥さんは近所のメンタルクリニックに通っていると、Yさんの前のお宅のお婆様が私の母に話してました。もう10年以上前のことですが。

    それってYさんの奥さんが具合悪いのはご主人のタバコだと私は確信してます。タバコが原因だから何年間も通院しても良くなりません。奥さんが具合悪くなっても、このご主人はタバコ止めない。
    タバコは覚醒剤などと同じく薬物依存症だから禁断症状が我慢出来ないんでしょう。
    やめた時期もあったようですが、やはりタバコは薬物依存症ですから、また繰り返す。それが死ぬまで続くのでしょう。

    私も今、喉が痛いです。いつもタバコが入ってきて家の中をタバコで汚染されてしまいます。これが30年以上にわたり被害を受け続けています

    そして流行の新型コロナ、死亡者に男性が多いのは喫煙が関係してるのではないでしょうか。昔から肺炎は男性に多いのも喫煙で呼吸器機能が損傷してるから、重篤化しやすいのです。受動喫煙も巻き添えくらうので最悪です。
    新型コロナが収束したら喫煙者と死亡者、重篤化した人を統計調査すると、やはりという数字が出てくるのでは。肺炎ウイルスですから喫煙ですでに肺がやられてるのだから、そこに高齢で免疫力低下が加われば新型コロナの餌食になること間違いなしではないでしょうか。

    つくづくタバコはろくでもない金と命を削るだけの物だと、よくわかります。

    住居でもタバコ被害、職場でもタバコ被害。
    私と同じく人生が受動喫煙被害になってしまった方、日本にはたくさんいるのでしょう。
    どうにかしたいですね。

    1. ユカタン より:

      住環境での受動喫煙は辛く苦しくやり場のない怒りですが、もっと、もっと聞かせてください。
      もっとここに吐き出してください。 

  3. ユカタン より:

    教会の女性のかたから話し掛けられたので、喫煙事情を聞いてみました。
    すると、「教会の室内は禁煙ですが、いろいろなひとがいるから、外にタバコを吸えるような喫煙所を用意しています」とのことでした。
    何となく、教会もタバコを吸える場所があるのではないかと考えていましたが、やはり喫煙所があるようです。
    さらに私は、第三次喫煙について尋ねたところ、大変驚かれておりました。
    「えー!そうなの?」と、落ち着かない感じになっておりました。
    確かに「どこでもタバコ時代」ではなくなってるけれど、「どこでも吸わせる」と、いうのはまだまだありますね。
    しかし、ひとが頼る、神が宿るような場所での喫煙は好ましくないと思います。

  4. ユカタン より:

    女性は、男性よりも受動喫煙のダメージが大きいことが、まだ多くのひとには認知されていないと思います。  
    男性が30%であるのに対し、女性が70%にもなります。
    私も最近、微量のタバコ煙でも、脈の乱れとなり、かなりの危機感を感じています。
    喫煙者の嗜好品で死なされるかもしれないと思いながら、生きていく意味があるのかなとまで考えます。
    それでは、死ぬ気になって受動喫煙をなくしていくようにしたらよいのかということも、一応、頭にはあります。 

  5. ユカタン より:

    高尾山に久しぶりに行ってきたのですが、山には、よい空気を吸いたくて行くのもあります。
    しかし、山へ行ってわざわざタバコを吸う人が、いつもおります。
    せっかくの山の澄んだ空気を、タバコ煙害で汚染してもらっては困ります。
    いまどき観光の山は、火の関係することは固く禁じられております。
    それにも関わらず、山にいくのにタバコを所持して、隠れて喫煙するひとが、完全にはなくならないそうです。
    高尾山の近くの住民と言われる方も、タバコなんか山火事になるよ、危ないな~と、心配そうに話されておりました。
    見つからなければいいだろうという単純なものではありません。うっかりしていましたでは済まされない事態になります。
    登山をされる方は、その日はタバコを持ち込むことがないようにするべきだと強く思いました。

パンダ にコメントする コメントをキャンセル

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*