「妊娠中の受動喫煙」で産まれてくる子は虫歯に

 女性誌の情報、
なんと、赤ちゃんが産まれて成長して歯が生えてきてから、ではなくて、胎児のときのお母さんの受動喫煙で、将来虫歯になりやすくなる、というデータです。

 家族皆の禁煙で赤ちゃんの歯が守れる!
  =『withonline』06.Oct.2019=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“歯が生えてから予防に励むというイメージが強いと思うのですが、
実は妊娠中、歯が生える前から、……予防することが出来るのではないかというデータが出ています”

“妊娠中にタバコを吸うお母さんはかなり減りました。……しかし、パートナーや同居している家族はどうですか?”

“妊娠中ずっと受動喫煙があった子は、出生前に受動喫煙がなかった子と比べて虫歯が多かったという結果が”

“受動喫煙の有無で、3歳までに虫歯になる割合に差が”

“一緒に暮らしている、もしくは頻繁に会う状態の人が1人でも多く禁煙するとそれだけで、お母さんと赤ちゃんへの協力になります”

大人も喫煙や受動喫煙によってお口に良くない影響がでることがわかっている”

“子供の前で吸わなければいいというわけでもない”

“空気洗浄機や換気扇があっても成分が消えるわけではありません。
電子タバコもタバコを熱しているので、変わりないと思います”

子供の歯茎にタバコのメラニンがついて黒くなることもあります”

“タバコに含まれるニコチンやカドミウム、鉛などが、歯に悪いということも言われています”

千葉の団体「スモークフリーキッズ」ポスター展より。

『STOP受動喫煙 新聞』季刊・年1200円
さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読をおすすめします。

「妊娠中の受動喫煙」で産まれてくる子は虫歯に”に2件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    虫歯の話は、確かにそうだと思うことがあります。
    昔の幼なじみの女性で、小学生ぐらいから虫歯だらけの子は、両親とも喫煙者で、とくに母親が超ヘビースモーカーでした。
    よくありがちなタバコを吸って火を消したら、すぐにタバコの火を付けるタイプで、
    砂場で子供達みんなで遊んでるときでも、その母親だけが常にタバコを吸う状態でした。
    わたしの母親はそのかたと親しくしていたため、母も受動喫煙そのものでした。
    昔なんか、配慮もなんもなかっただけに、知らず知らずに歯をダメにする子供も当時は多かったでしょう。
    そして、その幼なじみが二十歳になった頃、しばらくぶりに会ったとき、
    ぜんぶ、差し歯になったんだと話しておられました。
    そのヘビースモーカーでもある幼なじみの母親は、その後まもなく、乳癌で亡くなってしまいました。
    本当に、タバコを吸うことは、結果的には人を死に追いやるということです。

  2. ユカタン より:

    これは、困る話です。
    確かにタバコは歯をダメにするものとは知っておりましたが、生まれる前からとは…!
    しかし、冷静に考えてみればタバコって悪いことだらけなんですよね!
    わたしも、自分が赤ん坊のころは、受動喫煙までは、どうだったのかは定かではありません。
    しかし、小学校低学年すぎたあたりから虫歯なんかで歯科医へ通いました。
    そのころは、父親が自宅でタバコを吸っていたので、それがなんらかの影響もあったかもしれません。
    治療になっていないような治療が、昔の歯医者のやり方ですし、削って埋めたての歯があるだけで、いつかは弱っていくのかと考えるだけで残念に思えます。
    幸いにも今のところ、ぜんぶ自分の歯ですが。
    しかし、喫煙者が身近にいると、本当に何から何まで悩まされます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*