ブログで紹介していただきました~『STOP受動喫煙 新聞』最新号=将棋駒師のブログ『若水の将棋駒』

 当機構を検索されて、『STOP受動喫煙 新聞』を購読されるようになった方から、
当紙をブログで紹介したい、とご丁寧にご連絡がありました。
 そのように事前に仰ってくれて、出典明記(機構名と当紙名の明記)でしたらけっこうです、と喜んでお答えしました。

 将棋の駒を作る職人さんとのことで、その関連のブログに「受動喫煙」のタイトルが入りました。(以下の色が変わっている語句をクリックすると、ブログのそのページが開きます)

 =ブログ『若水の将棋駒』2019年11月02日「受動喫煙」

 「受動喫煙に関する情報を様々なテーマで、年4回発行、読み応えのある、大変有用な情報源だと思う。」

「テレビなどの無料で手に入る受動的な情報は情報発信者の作為的な物を感じるが、
こういった、信念に基づき継続している団体の情報は有料でも価値があると思っている。」

「自分や周りの人達の為にも、自身が知識を身につけていく事が肝要。喫煙者も非喫煙者も一度、読んでみて頂きたい。」

 ありがたいお言葉です。
 「無料で手に入る受動的な情報は情報発信者の作為的な物を感じる」はまさにその通りと思います。
 テレビや新聞雑誌などマスコミの発信は、肝心なことに触れなかったり、歪曲したり、どうも中途半端だったり、ということがよくあります(タバコに限らず)。

 しかし『STOP受動喫煙 新聞』は、まだまだ発行部数が少なく、機構ともども存続の危機? もありますので、読者の皆さんの意見を励みに、活動を発展させていきたいと思っております。

『STOP受動喫煙 新聞』季刊・年1200円
さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読をおすすめします。

ブログで紹介していただきました~『STOP受動喫煙 新聞』最新号=将棋駒師のブログ『若水の将棋駒』”に3件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    わたしも初めは、この機構のサイトを利用しているのだから、
    『STOP受動喫煙 新聞』なんかいらないよ~と思っていたり、
    新聞は、高齢の方々やインターネットをやらないひとが読むものさなどという考えでした。
    しかし、好奇心があるわたしは、ものは試しにということで、最近STOP受動喫煙新聞を注文して、読みはじめたのです。
    そこには、内密な?内容もありました。
    機構の人によると、サイトを利用するひとは新聞の購読はない、
    逆に新聞の購読をするひとは、サイトを利用しないパターンが多いようです。
    わたしは、新聞読めば、じゃあサイトは見ないでよいかなあ~?などと頭を働かせましたが、どうやら、わたしは、欲張りのようです。
    日々の暮らしで、受動喫煙で、本当に困っていて、どうにかしたいのであれば、すこしは、アクションをおこすべきだと思いました。
    これは、興味があるなしもあるでしょうが、
    自分としては、もっと知っておきたいと思います。

  2. ユカタン より:

    とてもよいお知らせだとおもいます。
    ひとりでも多くの方が受動喫煙という深刻な被害を知るチャンスにもなります。
    まだまた、受動喫煙というと、
    何それ?受動喫煙?という反応をされたり、
    残留喫煙ならもっと知らない方が多いですから。

  3. 神戸 より:

    受動喫煙撲滅機構 内藤 様

    こんにちは。当ブログをご紹介下さり、ありがとうございます。
    今後も有益な情報をよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*