勤務中の喫煙“サボリ”を禁止している大阪府で、
違反をくりかえした職員が訓告処分を受け、退職(実質クビに近い)となったというニュースです。

 2年で440回職場抜け出し喫煙 大阪府職員訓告処分
 (『MBSニュース』2018年6/5(火) 19:12配信)

 健康医療部の府職員、中抜け喫煙440回で処分
 (『讀賣新聞』6/5(火)15:03配信)

 喫煙で健康医療部職員を処分 職場離れ民間ビルで
  (『毎日新聞』6/5(火)19:01配信)

(一部抜粋)
「喫煙のため勤務時間中に繰り返し職場を抜けたとして、大阪府が健康医療部の男性職員(49)を職務専念義務違反で訓告処分にしていたことが分かった」(読売)

「匿名の情報に基づき府の職員が4日間男性職員の勤務中の行動を確認した結果、1日に2~3回、府庁本館から150メートルほど離れた民間のビルの喫煙室でたばこを吸っていたということです」(MBS)

「職員は『認められていない行為と分かっていたが、仕事でストレスがたまっていた』と説明したという」(毎日)

 「健康医療部」というのが、冗談のような……。

 “ストレス”と、他のせいのように言い逃れをするところが喫煙者が病んでいるところ。では非喫煙者はストレスがたまらない人ばかりなのか?

 ほとんどの職場が屋内禁煙化している昨今、
職場の受動喫煙被害は、「サードハンド・スモーク」(当サイト「コラム」’18年3月5日 参照)
が問題になっています。
 
 当然のように(“既得権”と思って)何度も職務放棄、喫煙サボリをしている(させている)ことも問題ですが、
帰ってきたときの臭さもたまりません。 →参考=当サイト「ニュース」’18年4月27日『喫煙後はエレベーター不可 』)

 全国・全職場で、「就業中、喫煙禁止」を実施しなくてはいけませんが、
もっとも遅れている(従業員の受動喫煙被害が多い)業界は、
飲食店ではないでしょうか。

 ☆当サイトでは、ニュースやコラムへのご意見を受け付けています。(その他の欄へのご意見ご感想も)
 「お問い合わせ」欄からぜひご投稿ください。