「三次喫煙=サードハンドスモーク」とは?

「タバコを消した後に残留する化学物質を吸入すること。残留受動喫煙とも呼ばれる。」
※厚生労働省 e-ヘルスネット より

残留受動喫煙(ざんりゅうじゅどうきつえん)、サードハンドスモーク(third-hand smoke)とも呼ばれています。

三次喫煙ってなに?

まず、喫煙者が自分でタバコの煙を吸うことを「一次喫煙」と呼び、本人は喫煙しなくても身の回りのタバコの煙を吸わされてしまうことを「受動喫煙」(パッシブスモーキング)、または「二次喫煙」(セカンドハンドスモーク)とも呼びます。

さらに、喫煙も煙もその場にはない状態だが、以前にそこで喫煙や流れてきたタバコの煙があり、臭いや煙の成分が、壁や床、カーテン、衣類などに付着し残り、そこから揮発した臭いや成分を吸入してしまうことを、「三次喫煙」(サードハンドスモーク)と呼びます。
言ってみれば、「間接受動喫煙」といえるものです。

※三次喫煙の被害について(受動喫煙も)「タバコ煙の影響で健康被害を受けること」と定義される場合がありますが、残留した臭いや煙に対する不快な思いも、じゅうぶん深刻な被害・人権侵害であり、健康被害に限定するのは、受動喫煙・三次喫煙の定義、撲滅する活動としては、狭いといえます。

三次喫煙による被害

受動喫煙と同様、室内や車内に残留した煙、有害物質により、様々な被害が発生すると言われています。

とくに、床や壁に付着した有害物質が、ハイハイをする幼児の手に付着しそれをそのまま口に運ぶことの危険性が指摘されています。
被害を受けやすい乳児や子供、妊婦さんのいる家庭では特に注意が必要です。

受動喫煙に比べると新しい概念であり、定義や健康被害、その他被害に関しては、今後確立されていくと思われます。

☆以下の情報もお読みください。
当サイト「ニュース」
’18年4月27日 喫煙後はエレベーター不可
8月3日 アメリカでは「三次喫煙」も禁止に “子どもを受動喫煙から守る州法”
8月17日 やはり問題「サードハンド スモーク(残留受動喫煙被害)」
8月30日 「副流煙」と「受動喫煙」 違いは?/ 三次喫煙=サードハンドスモークは受動喫煙か?

「三次喫煙=サードハンドスモーク」とは?” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    残留受動喫煙とは、響きある言葉です。

    そこらじゅう全部が、まるでガス漏れのような一帯に感じてしまうわ!

    1. ユカタン より:

      自分自身が痛いのです。
      許せない、喫煙者からの受動喫煙から第三次喫煙と続くことについて、(何かの時に相手側に、違うよ? 間違ってるよ!等と注意をする。)

      少なくとも、どんなに相手が悪いからと言えども、自身に返って来る感じで。。。。
      そんな他人に注意して、気分良い人間なんか居るはずもないとね。
      だから、過去に禁煙箇所で喫煙した人に正した言い方も気になって、バクバクしたけど、やはり自分が痛くなる。
      こんな時代なのか、そんな自分自身も辛いのです。
      それでも、今度はどのように言うか。(年齢別で言い方を変えるとか)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*