またもや銭湯に喫煙所が?! 法にも条例にも違反する店を渡辺文学理事が区に訴え

☆当サイトは色が変わっている語句のクリック関連ページが開きます。
画像はクリックで拡大します。

 当機構の理事もお勤めいただいている、禁煙運動の先駆者・大ベテランの渡辺文学御大(「タバコ問題情報センター」代表)による、(趣味の銭湯めぐりで発見された)屋内に喫煙所がある銭湯の、灰皿撤去の申入れ活動を、3回にわたり当サイトで紹介しましたが――、
 →銭湯も禁煙です (1,2回目はこの記事にリンクがあります)

 それら当サイト記事を見たという世田谷区の男性から、当機構に電話がありました(6月10日)

 「同じ世田谷区の『栄湯』は、まだ脱衣所に灰皿がありますよ。この前の土日も行きましたが、気管支の弱い私は苦しくなるほどでした」
 とのこと……!?
 “それは改正法にも都条例にも、明らかな違反ではないですか。文学さんにも聞いてみまして、おそらく、申し入れなど活動をなさるかと思いますが、多くの人が声をあげたほうが効果的なので、ご自身でも即、保健所に通報してください” とお答えしますと、
 「はい、そうしますが、ぜひ、渡辺文学先生にもご尽力いただきたいと思います」とのことでした。

 そこで即、渡辺理事にメールしましたところ、理事は翌日に視察に行かれ、証拠写真を撮影、すぐに区・保健所への申入れを作成なさって、12日に送付されたとのことです。

 なお、渡辺理事は数年前にこの銭湯に行って灰皿に驚き、注意したことがあったそうです。

 送付した申し入れ書。画像はクリックで拡大します。住所と電話番号をこの記事では伏せていますが、他は原文のままです。
 上記がよく見られない人は以下をお読みください。

2020年6月12日

世田谷保健所長殿

157-00 世田谷区×××××××
渡辺 文学
TEL:×××××××

通報=「法律」に違反している銭湯「栄湯」
~都内でただ1軒、脱衣所に灰皿が置かれている銭湯~

 日ごろ、区民の暮らしと健康を守るお取り組みに敬意を表します。
 さて、用賀の銭湯「栄湯」(用賀 4-31-3/電話:03-3700-8102)は脱衣所に灰皿を置く、恐らく都内で唯一のタバコ野放し銭湯です。(写真参照=6月11日午後6時撮影)
 数年前、この灰皿を写真に撮ったところ、オーナーが飛んできて「写真をとらないでくれ」「この写真を消してくれ」と怒りながら言いました。
 私は「本来、有ってはいけないものだから、区長と保健所に報告する」「健康増進法に違反している」と主張し、その後、保坂区長と貴保健所に写真を送って善処を求めましたが、そのまま今日に至っていました。

1.通報の趣旨
  「改正健康増進法」に則り、銭湯の脱衣所は完全禁煙にすべきです。
2.申し入れの理由
(1)「改正健康増進法」では原則「屋内全面禁煙」と定めています。
(2)貴保健所は、早急に「全面禁煙」の方針を指導すべきです。
(3)この指導に従わない場合は、過料の罰則を適用すべきです。
(4)なお、灰皿については、“一時的な撤去”ということにならないよう、店頭に「店内全面禁煙」の表示を掲げておくよう、指導を要請します。

 なお、貴保健所の取り組みについて、以前に何回か「回答」を頂いておりましたが「健康増進法の趣旨を伝えた」「チラシを配布して指導した」等の曖昧な回答が続いており、「区民を受動喫煙被害から救いたい」という姿勢をほとんど感じられませんでした。
 今回は、以前と事態は全く異なっており、脱衣所での喫煙を野放しにして「法律」に違反している「栄湯」につきまして、貴保健所がどのような対応をされたのか、6月30日までに書面にてご回答をお願い申し上げる次第です。

≪違反銭湯「栄湯」の情報≫ (確認や苦情は以下へ)
 電話 03-3700-8102/〒158-0097 東京都世田谷区用賀4丁目31−3/月・火休業/営業時間16:00〜23:00
 せたがや銭湯ガイド / 東京銭湯-TOKYO SENTO-
………………………………
世田谷保健所
 公式サイト→保健所健康企画課
 電話番号(代表)03-5432-1111 「受動喫煙防止協力店募集について」→電話番号 03-5432-2432 ファクシミリ 03-5432-3022
世田谷区の受動喫煙対策
 受動喫煙防止
 受動喫煙に関する個別のご相談等
 電話 0570-044609 (注意)相談料は無料ですが、別途通話料がかかります。
 平日午前8時30分から午後8時00分まで
 相談内容:受動喫煙に関する個別のご相談等
 対象:区内に所在する施設の管理者等、区内に在住、在勤、在学の方

 区からの回答や、何か変化がありましたら、続報いたします。

 渡辺文学理事の“銭湯の戦闘”にご期待ください。(※ダジャレ好きの方なので……)
 応援メッセージも募集しています。
 「一般社団法人 タバコ問題情報センター」(略称:TOPIC) FAX03-3222-6780
 メール→サイトお問い合わせフォーム

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

またもや銭湯に喫煙所が?! 法にも条例にも違反する店を渡辺文学理事が区に訴え” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    渡辺文学さんという方を初めて知ったころを思い出しました。
    3年ほど前から、住環境でのまさかの受動喫煙被害者ともなり、なんとかしなければならないと、タバコ関連の被害での検索を無作為にしていました。
    機構も同時進行ぐらいでしたが、「タバコ情報センター」が、当時の私には、力強さを感じました。
    どういう方だろうと、検索してみると、思ってもいなかったほどの、やわらかで笑顔であふれているような写真が印象的でした。
    メールだけでは、真実味が伝わらないだろうと、手紙を書いて何度か出したこともありました。
    そんな嘆きと同様の手紙なのに、渡辺さんは、ちゃんと私にお返事を下さりました。
    それだけで、救われたかのような気持ちにさせられ、「嘆いて苦しんでる側だけではいけない、何とか解決するために前進しなければ」と、いう気持ちにさせられました。
    この時がなければ、今頃どうなっていたかと、感謝しかありません。
    わたし一人では、ここにあるような、立派な申入れの文など書けるわけもなく、いろいろな方の見本を元に、何とかやれればよいかと思います。
    渡辺さん、いつも、他人の心を動かすような、そのような元気な取り組みに尊敬しております。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*