今年1月の発表ですが、

 飲食店従業員の7割「食事提供する場は全面禁煙にして」 受動喫煙は6割が経験
  (『キャリコネニュース』2018.1.23)

(一部抜粋)
“屋内を禁煙にしようとしている事については、69%が賛成と答えた。しかし、小型店や個人店、小規模事業者等を規制対象から外すことについては「例外なく対象とすべき」という回答も69%に上っている。 ”

 いまはもっと増えているでしょう。

 これからは禁煙が“常識”、受動喫煙なんて「信じられない」となっていくでしょうね。