従業員の約7割「全面禁煙にして」

 今年1月の発表ですが、

 飲食店従業員の7割「食事提供する場は全面禁煙にして」 受動喫煙は6割が経験
  (『キャリコネニュース』2018.1.23)

(一部抜粋)
“屋内を禁煙にしようとしている事については、69%が賛成と答えた。しかし、小型店や個人店、小規模事業者等を規制対象から外すことについては「例外なく対象とすべき」という回答も69%に上っている。 ”

 いまはもっと増えているでしょう。

 これからは禁煙が“常識”、受動喫煙なんて「信じられない」となっていくでしょうね。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。

コメントへの当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*