「吸っていない」ウソつき教頭が懲戒処分に

 こまった教職者です。

 勤務時間中にタバコ、教頭「吸っていない」とウソ…教職員が仕掛けた携帯に喫煙姿
  =『読売新聞』2020/11/10 10:02=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“ 勤務時間中に校内やテレワークの自宅でたばこを吸ったとして……男性教頭(60)を停職15日の懲戒処分にしたと発表した。同市教委は勤務時間中の喫煙を禁止している”

“市に「校内で教頭が喫煙している」と通報があったが、教頭は「吸っていない」とうそをついていた

“校舎の階段踊り場でたばこの臭いがしたため、教職員が携帯電話を置いて撮影したところ、喫煙する教頭が映っていた”

 携帯カメラを仕掛けた先生、立派ですね。

 当機構への相談には学校関係・教員もいましたが、「上司には何も言えない。教育委員会にも言えない」という人がいました。

 子どものころ、「ウソつきは泥棒の始まり」とだれもが教わったものでしょう。
 また私は、学校でのイタズラをとがめられたさいにウソをついて言い逃れをし、あとでばれて、「先生にウソついたね」と言われて、とても恥ずかしく思い、それいらいウソつきはよくないと思うようになりました。
 この学校の子らには、悪い影響はないのでしょうか。処分は妥当でしょうか。

 ストレスがどうこうと、すぐ言い訳をしますが、今どきの子どものストレスもかなり大きいと思えます。
 喫煙者は採用しない職場も増えていますので、教育現場も、いや学校こそ、真っ先に、そうするべきでしょう。

 画像は、学校周辺での喫煙についての『STOP受動喫煙 新聞』第19号(2017年7月)記事の一部。

 
 
[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 [続報]法施行により行政・病院・学校などが禁煙に ’19年7月

 タバコ臭い教師に生徒が「三次喫煙」禁止令を制定 ’20年9月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*