「東京都 受動喫煙防止条例」が成立したことで、
日本禁煙学会が、都知事と、賛成した全党(ようするに自民党以外)へ、
「感謝状」を送りました。
 一般社団法人 日本禁煙学会 公式WEBサイト HOMEページ2018年6月29日

 さすが禁煙学会、きっちりとしています。
 「さらに、この条例の見直しの際には」として、
より完全な対策を、上手に求めているのが、さらにすばらしいとおもいます。

 その他、都の条例成立についての続報です。
 (それまでの報道については本ニュース6/28にあげています)

 (社説)受動喫煙対策を着実に進めよ
  =『日本經濟新聞』2018/6/28付=

 受動喫煙防止、都が主導 五輪意識、小池知事が一石
  =『朝日新聞 DIGITAL』6月28日13時00分=

 従業員がいる東京の飲食店は完全禁煙に…小池都知事はなぜこうも「受動喫煙防止条例」に力を入れるのか?
  =『トカナ』2018.06.30.=

 英語のニュースです。
 Tokyo lawmakers approve anti-smoking ordinance as capital gears up for 2020 Olympics
  =『the japan times NEWS』Jun 27, 2018 =

 下の写真は、神奈川県の条例に賛同して禁煙としているお店の店頭表示です。
 喫煙営業も可能な規模(禁煙化は努力義務)なのに、禁煙にしているとあります。

 都条例ができて、このようなお店がたくさんあらわれることでしょう。


(鎌倉小町通「葉山牛ステーキ」2012年撮影)