就業中の喫煙を禁止する職場が増え、喫煙者を雇わない事業所も全国では多く出てきているこの時代に、
勤務中の“タバコさぼり”を自由として、優良な従業員たちとの勤務時間の差だけでなく、同僚や来客への
三次受動喫煙=サードハンドスモーク被害の発生を放置している職場は、禁煙の職場や役所などでも、まだまだ多くあります。
 そういったところの管理者には、以下を見せてあげましょう。

 就業時間中にたばこ休憩を禁止することはできる?吸う人と吸わない人との公平性は保たれるのか?
  =『FINANCIAL FIELD編集部』2018.07.30=

“喫煙可能な会社でも「屋外のみ」が約4割。喫煙者を採用しない企業も”
“……理由としては、「頻繁に休憩が認められることは、喫煙習慣のない社員からみると不公平に感じる」「作業効率の低下」などが挙げられています。
やはり……今までのように容認できない時代となってきているようです”
“中抜けして寝ていたり、遊んでいたりしたら、それは「勤務態度」の問題になるでしょう”
“たばこ休憩の禁止や時給の控除を言い渡されたとしても、そこは甘受するしかありませんね”

 この『ファイナンシャルフィールド』は、以前にも住宅受動喫煙被害について良い主張をしていました。(本ニュース6/13ベランダ喫煙に、慰謝料は?!掲載)
 今後の記事にも期待しましょう。

 本サイト「コラム」 8/7 職場での受動喫煙 その1 「受動喫煙のパターン」 もご参照ください。