「仕事中 禁煙(タバコ休憩不可)」 は、法的に問題なし!

 就業中の喫煙を禁止する職場が増え、喫煙者を雇わない事業所も全国では多く出てきているこの時代に、
勤務中の“タバコさぼり”を自由として、優良な従業員たちとの勤務時間の差だけでなく、同僚や来客への
三次受動喫煙=サードハンドスモーク被害の発生を放置している職場は、禁煙の職場や役所などでも、まだまだ多くあります。
 そういったところの管理者には、以下を見せてあげましょう。

 就業時間中にたばこ休憩を禁止することはできる?吸う人と吸わない人との公平性は保たれるのか?
  =『FINANCIAL FIELD編集部』2018.07.30=

“喫煙可能な会社でも「屋外のみ」が約4割。喫煙者を採用しない企業も”
“……理由としては、「頻繁に休憩が認められることは、喫煙習慣のない社員からみると不公平に感じる」「作業効率の低下」などが挙げられています。
やはり……今までのように容認できない時代となってきているようです”
“中抜けして寝ていたり、遊んでいたりしたら、それは「勤務態度」の問題になるでしょう”
“たばこ休憩の禁止や時給の控除を言い渡されたとしても、そこは甘受するしかありませんね”

 この『ファイナンシャルフィールド』は、以前にも住宅受動喫煙被害について良い主張をしていました。(本ニュース6/13ベランダ喫煙に、慰謝料は?!掲載)
 今後の記事にも期待しましょう。

 本サイト「コラム」 8/7 職場での受動喫煙 その1 「受動喫煙のパターン」 もご参照ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*