「副流煙のほうが有害」=受動喫煙は“呼出煙”も含み、心臓に危険も

 副流煙が有害であるという医師の情報です。
 (なんと元のニュースは『週刊実話』)

 専門医に聞け! Q&A ★副流煙と心房細動のリスク
  =『@niftyニュース』(『週刊実話』)2018年10月28日=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

受動喫煙者非受動喫煙者の1.3倍のリスク”
“タバコの煙には、喫煙者が吸い込む煙(主流煙)、タバコの先端から立ち上る煙(副流煙)、喫煙者が吐き出した煙(呼出煙)の3つがあります。受動喫煙は副流煙と呼出煙から成っていて、受動喫煙の8割が副流煙で、2割が呼出煙
“副流煙には主流煙より……ニコチンは2.8倍、タールは3.4倍、発がん性物質のベンゾピレンは3.4倍、一酸化炭素は4.7倍”


「World No-Tobacco Day」2018のポスター

 「副流煙」関連については、当サイトでは以下にも記してあります。
 「副流煙」と「受動喫煙」 違いは? / 三次喫煙=サードハンドスモークは受動喫煙か?

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。

コメントへの当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*