コンビニ受動喫煙撲滅へ 店頭灰皿撤去・続報

 当サイトニュース’18年12月6日のコンビニ前の迷惑な灰皿は全廃へ ~セブンイレブンが英断
の続報です。

 コンビニの灰皿撤去、広がる 都内のセブンが本腰
  =『朝日新聞DIGITAL』2018年12月30日17時00分=

“11月現在で店頭に灰皿を置く約1千店の経営者に灰皿の撤去を依頼した。他の大手コンビニでも進んでおり、街なかの受動喫煙防止策がさらに広がりそうだ”

“「灰皿を撤去させていただきます」。葛飾区内のセブンイレブンに男性経営者(60)が貼り紙をして告知したうえで、23日に撤去した。同社からの依頼を受けて「お客さんの健康のために良い」と決断した。周囲に保育園や学校があり、子供の来店も多いことが決め手になった”

“直営店は以前から灰皿を撤去していたが、フランチャイズ店はこれまで経営者の判断に委ねてきた。都内では全約2700店のうち、フランチャイズ店が大半の約2630店”

“ファミリーマートは条例で路上喫煙を禁じる地域の店には原則、灰皿を置いていない。灰皿のない店は都内約2400店の6割強を占めるという。ローソンは条例による定めのない地域でも「撤去するか、店頭から遠ざける」という内規を設けており、都内約1400店の8割で灰皿を置いていない”

 横浜市では、少なくとも受動喫煙撲滅機構がある中区の関内地区では、セブンイレブンのほかローソンでも、すでに店頭灰皿はなさそうです。(他の小さいチェーンのコンビニではひどいものもありますが)

 以下は、めずらしく灰皿があった、横浜市港南区の店の写真。(港南区でも、今まで見たところ他のセブンイレブンは無い店ばかりでした) ※この店舗はこの撮影の数日後、閉店しました。

 読者のみなさんの目につくコンビニはどうですか?
 ひどい例や、撤去した貼紙などありましたら、掲載しますのでぜひ写真をお送りください。

コンビニ受動喫煙撲滅へ 店頭灰皿撤去・続報”に3件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    禁煙にしたら、別な喫煙の手口が増える。
    叩いてキリのない、もぐらたたきゲームのようです!
    人は、だんだん人間らしさを失い、ロボットみたいになっていくのか。。。。

    1. パンダ より:

      ユカタンさん

      パン屋さん、
      私も先日パン屋さんに入ったら、後から入ってきた喫煙者に有害物質を振り撒かれました。
      この狭い空間で、全てが汚染されたパンに。
      パン屋さんのパンが恐ろしくなりました。
      この汚染パンを皆、気付かずに食べてるんですよね。
      喫煙後のパン屋さん入店は、四次喫煙だと思います。
      絶対に止めて貰いたいですね。

      1. ユカタン より:

        パンダさん

        食の楽しみまで奪うような、そんな喫煙者には、喫煙後に入店禁止条例!?

        今日も明日も明後日も、喫煙者の行動に疲れてしまう。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*