路上喫煙禁止が本格化~大阪市

 日本第3の人口を誇りながら、なにかと遅れている大阪。
 本ニュースでは、1月11日に四條畷市の路上喫煙禁止条例の開始を紹介しましたが、
遅れて大阪市内でも、禁止区域がやっと増え、罰則や普及キャンペーンも行っているそうです。

 ※「ミナミ」とは、大阪市内のちょうど真ん中の繁華街、難波・心斎橋あたりの通称です。(「キタ」は梅田・大阪駅周辺)

 大阪)ミナミで「路上喫煙禁止地区」運用開始
  =『朝日新聞DIGITAL』2019年2月2日03時00分=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“違反者から過料1千円を徴収する。2025年の大阪・関西万博も見据えて、20年を目標に、JR天王寺駅前周辺などにも禁止地区を広げていく方針”

“市長は1日、報道陣に「路上喫煙(禁止)は特に大阪を代表するエリアでは厳しくしていくべきだ。万博に向け、地元の意見も聞きながら、中心部で広げたい」と話した”

 戎橋筋・心斎橋筋が「路上喫煙禁止地区」へ 初日には街頭啓発活動も /大阪
  =『なんば経済新聞(みんなの経済新聞)』2019.02.05=

“今回の指定が大阪のイメージアップとなり、さらなる観光・商業振興につながれば

“「……指定の開始」に伴い、同日から新たに、長堀橋三休橋交差点西側に喫煙所が設置された

 私はかつて大阪府に住んでいましたが、
2007年に御堂筋が禁煙になると聞いたときはびっくり、徹底できるかな、と友人と話していました。

 大阪市サイト「路上喫煙禁止地区MAP
 同「なにわコール」 Q.路上喫煙禁止区域があると聞きましたが、どこですか?

 検索してみると、こんな昨年の報道も。

 なくならない大阪の路上喫煙、「タン壺」脱却のカギは?
  =『msnニュース』2018/06/17 07:00=

“かつてどっかの政治家に大阪はタン壺と言われたが、もう言わせない”

“禁止区域から少しでも外れると、もう無法地帯です。歩きタバコをするために、わざわざ筋を一本入って歩く喫煙者も少なくありません”

“歩道は喫煙所のように煙たくて、ランチのお店に行くにも、コンビニに行くにも煙の中を掻き分けていく感じ。一緒にお昼に出掛ける妊娠中の同僚が心配になるほどです。彼女はハンカチで口を押さえていますよ

“前大阪府知事の意向で大阪府庁内の喫煙所が完全廃止されたが、その7年後に復活している。理由は、タバコを吸う場所を失った府の職員が周辺で路上喫煙するようになってしまったからだ。しかも、その喫煙場所が大阪の大切な観光資源でもある大阪城公園だった”

“大阪人のモラルが無いんやない。吸う場所や決まりがあったらきっちり守るんや”

 東京・横浜から大阪に移住し20年いた私から見ると、関西人は、歩行者が信号を守らない、自転車は夜間ライトを点けない(単にペダルが重くなるから、と)、電車内で大きな声で話す、など、関東に比べてマナーが悪い傾向がありました。
 しかし、関西でもタバコの煙を本当に嫌がる人は少なくありません。(当機構への相談電話もよくあります)
 そろそろイメージ一新してもらいたいものですね。

 以前より大阪府が頒布している、「全面禁煙施設」を対象にしたステッカー

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*