「日本で一番耐えられないこと」“大好きな日本”での受動喫煙に外国人が動画で苦言!

 カナダの若者が日本にあこがれて住み、しかし受動喫煙で非常に嫌な思いをしたため、啓発のために作ったという動画がありました。
 15分近くありますが、ちゃんとした字幕(自動翻訳ではない)も付いていますのでご覧ください。

 日本で一番耐えられないこと
  =Jeffrey Shalagan氏 2019/05/23=


 
  
 じつは私(『STOP受動喫煙 新聞』編集局・内藤)も、2009年にカナダのバンクーバーとトロントに行ったことがありますが、
どちらも公共施設の屋内やタクシーは完全禁煙、2000年ころから住んでいるという日本人に聞きますと、当時はスナックなど一部喫煙可があったものの、やがて全面禁煙になって、問題ないそうです。
 全部禁煙に決まっているのに、各店舗や施設に大きな禁煙表示が貼ってあったのが印象的でした。知らないで来た外国人への注意なのでしょうか。
 表示には、屋外でも扉の周囲6mは禁煙や、罰則も書いてありました。

 ただ、路上は吸い放題でした。道路は灰皿と化して汚いものでしたが、受動喫煙では、不思議と、すぐ近くに来られるまでタバコ臭さを感じなかったものです。日本では10m離れていても臭ったのに、環境の違い? 鈍感になった? とおもっていましたが、帰国するとやはり臭い
 (先の日本人も「帰国すると飛行機おりた瞬間から臭い」と言っていました。その人はバンクーバーに住むまで喫煙者だったそうですが)

 その後、禁煙運動にかかわって、“日本のタバコは添加物が多く、依存性を強めるためアンモニアなどが入れてあるので臭い”と聞きました。そのせいかもしれません。
 ただし、トロントではけっこう臭かったものです。広いカナダ、地域によって製品が違うのでしょうか。

 韓国などは、路上の禁煙も進んでいるといいます。(『STOP受動喫煙 新聞』26号に訪問した人のルポを掲載)
 カナダも、いまはもっと進んでいるでしょうか?

☆当機構では、みなさんの訪問先での受動喫煙についての報告を募集しています。
 (国内でも、長くても短くても可)
 良い報告記は当サイトや『STOP受動喫煙 新聞』に掲載しますので。
 

 写真はカナダの、電気式タバコも禁止する標識ですが、もちろん最近のものです。(禁煙運動のフェイスブックグループの投稿よりお借りしました)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*