“神奈川 受動喫煙防止条例”改正、加熱式も規制~「先頭を走っていたのに、いつのまにか一番後ろ」

 日本初で画期的であったものが、いまや“古い”“不十分”といわれるようになっている神奈川県の受動喫煙防止条例。→正式名「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例

 当然ながら改正されることになりましたが、懸念されていた加熱式については、ちゃんと規制されるようです。

 神奈川県、受動喫煙防止条例を改正へ 加熱式も規制
  =電子版『日本経済新聞』(南関東・静岡) 2019/6/18 23:55 =

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“6月末をメドに方向性を県議会に示し、今夏に素案をまとめる。……加熱式や電子たばこなど新たな商品が普及し、五輪開催時には訪日客による路上喫煙の増加が懸念されるため、五輪前に規制を周知・徹底する狙いだ”

“(1)加熱式たばこを紙たばこと同様に規制する(2)未成年の喫煙区域立ち入りに罰則を適用する(3)禁煙表示を義務化する――が3本柱となる。現行条例の規定のうち飲食店に分煙を認めるなどの内容は、国が20年4月に施行する改正法で禁止されるなどしており、条例から削除する方針”

“これまでは通報を受けた施設・店舗に対しては、口頭での指導にとどまっていた。今後は立ち入り調査で過料処分も視野に”

“全国初の試みとして、09年に受動喫煙防止条例を制定……その後、東京都や千葉市が国を上回る規制を盛り込んだ条例を相次ぎ制定した。県は「先頭を走っていたのに、いつのまにか一番後ろを走っている」(健康増進課)”


こちらは愛知県豊橋市の、今年できたステッカーです。

 
[当サイト関連]
 「加熱式も有害」 と自治体が認めました 条例制定へ~豊橋市
 (末尾の「【注】(2018.12月追記)」に神奈川の動き)

 サイト右上の検索窓で「加熱式」などと入れれば、その他の記事も出てきます。

“神奈川 受動喫煙防止条例”改正、加熱式も規制~「先頭を走っていたのに、いつのまにか一番後ろ」” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    もう煙草は新製品を出さなくてよろしい。

    栽培する人から悲劇的な状況だし、犠牲者まで出して、そこまでやるかな。

    神奈川県は、東京都よりずっと、煙草に関して考えている物だと思います。

    ここ一年半前ぐらいに横浜中華街にしても、想像していたものとは違い、わりと綺麗にしていました!

    東京都は、悪いけど下手くそです。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*