貧困・低学歴も受動喫煙に関係……?

 受動喫煙・タバコにかんして良い記事を発表し続けている、フリーの石田さんによる論説を紹介します。

 高学歴や知識層、高収入者には喫煙者が少ない(喫煙者はインテリではない人や低所得の人により多い)ということは、むかしから統計的にもよく言われていますが……、

 受動喫煙にもそれが関係している可能性があるという、私たちにはつらい検証です。

 まず前置きとして、2017年の記事から、喫煙率との関係について。

 タバコ問題の背景には「健康格差」がある
  =石田雅彦ライター、編集者2017/5/16(火) =

 そして、受動喫煙の被害にもかかわるという論説。

 日本でも「受動喫煙」に健康格差が
  =2017/11/14(火)=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“受動喫煙にさらされる率も同様となっている。これは日本に限らない。世界中の疫学調査によって明らかになっている”

“日本でも受動喫煙と学歴の関係についての調査があるが、やはり学歴が高いほど受動喫煙にさらされる割合が低くなっている”

“教育年数が13年以上(中卒以上)の非喫煙者に比べるとそれ以下の教育年数の人に受動喫煙にさらされる機会が多いということがわかった”

 当機構があり私も石田さんも住む横浜市での地域格差(禁煙店の数などからみた)は、私も感じていたものでした。
 その後の続報です。

 なぜ「受動喫煙」と「所得」に関係があるのか
  =2018/9/20(木)=

“横浜市青葉区の区民は健康意識が高いといわれ……喫煙率は低く、彼らは周辺のファミリーレストランに働きかけ、いち早く分煙にしたりしてきた”

“横浜市中区、鶴見区、南区といった地域では、心血管疾患などの死亡率が高く、横浜市の中でも喫煙率が高い。喫煙率や受動喫煙にさらされる割合は、所得や学歴が低いほど高く、地域差がある”

“アイコス(IQOS)は2014年11月に日本の名古屋とイタリアのミラノで先行テスト販売が始まったが、日本とイタリア北部はよく似ているとも言われる……また、ミラノやヴェニスなど北部の工業地域とナポリやシチリアなどの南部の農業地域に、かなり大きな経済格差があり南部のほうが喫煙率が高い……南部地域では受動喫煙防止規則が守られにくく、喫煙に対する許容意識も高い傾向があることがわかった”

☆石田記者の論説は、本サイトニュースではたびたび引用させていただいています。以下もお読みください。
 タバコ臭い人(非喫煙者でも)を不可としたカレー店がとうとう……
 “受動喫煙が無いよう配慮”は法で義務づけられています / 「加熱式タバコ専用室」の問題
 受動喫煙の被害者から投稿がありました、が……
 加熱式タバコでも“化学物質過敏症”になります

 『STOP受動喫煙 新聞』では第22号でも転載させていただいています。

 


職安敷地内での喫煙者(本文とは関係ありません)

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

貧困・低学歴も受動喫煙に関係……?” に対して42件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    パンダさん、お返事ありがとうございます!
    乾燥や臭い防止に、マスクは、使用しておりましたが、暑くなれば流石に苦しいので(笑)
    エアコンも長々つけておくと、肌も痒くなるや、体調が悪くもなります。
    今は、もう、山の方だから良いなどということもなく、大して変わらない空気になりつつありますね(涙)
    私もよく目にしたことがありますが、農作業しながらの煙草なんか。。。あれを食べさせられるのかと、今なら考えてしまう。大気の状態だけで、ぞっとします。
    買い物さえ、選ばないで買う人ならば、ちょっと苦しいかもわからない。
    あの手、この手で、人を薬漬けまでして、製薬会社は、ぼろ儲けだけだと。。。
    煙草に高血圧が、どうのと言われたりもあるけど、高血圧等、10種類以上の条件が揃っての高血圧なので、ある意味、煙草の危険な化学物質や吸いたくもない煙草での臭いのストレス混じりです。
    そして、高齢者は、知る人の方がゼロに近い事実も。。。
    血圧の基準などは、個性だと言います。
    基準など上が120等と設定してしまえば、高齢者の大半が高血圧扱いらしいです。そして、降圧剤を使うようにすすめる悪魔の手口にかかります。
    血圧の基準を10下げるだけで、降圧剤が、四千億円売れるようになるみたいですよ!
    下げるとガンになる事実もあります。低体温が、ガンの好みの環境みたいです。
    年齢に数字の90を足したぐらいの血圧が、本当はちょうど良いと言われております。
    私も、春先にいろいろ知った限りですが、かなりの裏の隅々まで、知られている方の動画でした(汗)

    1. パンダ より:

      ユカタンさん

      喫煙者は空気の綺麗な所や自然が多いと、誰にも迷惑をかけない、この木々がこの煙を綺麗な空気に変えてくれると思うのでしょうか。
      私達はこの綺麗な空気を汚染しないでと思ってしまうのですが。
      喫煙者とは感覚がずれていて、やっぱり理解ができません。

      マスクは暑くなると息苦しくなりますよね。
      これからの季節、日焼け止めを使用したいけれど化学物質が気になります。
      しかし、使い捨てマスクは40%ほど紫外線防止してくれるそうです。
      私が調べたところ、オリブ油や椿油は紫外線防止になるそうです。
      また、綿(約70%)、シルク(約80%)、麻(約60%)も紫外線をカットしてくれるそうですよ。
      綿、シルク、麻素材の服を着るのもいいかも知れません。

      クリニックに行くと高血圧の薬や慢性病で通院させたい、過剰な検査で検査料を取りたい、などの雰囲気を感じる時があります。
      経営を安定させるには、それなりの過剰診察をしなければ経営出来なくなってくるのかも知れませんが、やっぱり医療でもお金が絡んできているなと感じます。
      ユカタンさんの知った裏の裏の動画が気になります。

      農薬散布はして欲しくないですが、どうせ散布するのであれば梅雨の時期に撒いて雨で早く流れて欲しいと思います。
      でも水質汚染がより深刻になりますね。
      全てオーガニックになればいいのに。。。

  2. パンダ より:

    ユカタンさん
    今日も三次喫煙発作です。
    近くに座った人から微かなタバコ臭がしました。
    ハッとその人を見て「タバコ臭い」と言いました。
    案の定発作が出ました。
    その人は有害物質を残して急いで去って行きました。
    「あなたがこの場からいなくなっても私の発作は止まらないのよ。空気は汚染されたままじゃない。」と思いながら見送りました。
    一時、発作が止まりませんでした。
    こうしてまた有害物質に反応を起こしてしまった事で、新しい化学物質をも発症していくのでしょう。
    たった一人の喫煙が命取りです。
    このままでは本当に生活が出来ません。
    年金だの税金だのどうでも良くなります。
    だって私達受動喫煙症患者は、明日にでも死が待ち受けているかも知れないのですから。
    今日もまた生きてる苦痛を味わう結果となりました。

  3. パンダ より:

    ハローワークに行くと受動喫煙症の症状が酷くなります。
    喫煙が増えるのは、仕事を辞めてストレスを感じているからだと思います。
    安定した収入がないとストレスも増えると思います。
    今は正社員より非正規社員の方が多いと言われています。
    雇用問題も喫煙に関係していると思います。
    そのような状態だと他人より自分の事に精一杯になり、受動喫煙のような問題にも無関心になってしまうかも知れません。
    そして、テレビで放送しているのだから安全だろうと思ってしまい、心が揺らいでしまうきっかけになるのだと思います。

    1. ユカタン より:

      パンダさん、お声かけありがとうございます。
      早速、近くにある区役所の特別出張所へ話に行き、受動喫煙に関してのヘルプカードが欲しいと言いました。
      すると、”何それ?“みたいな表情をされ、他の職員に聞くなりしていました。
      通常の町にある区役所にも連絡しても、わからないとの事です。
      そして、保健センターへ問い合わせたらしく、妊婦の受動喫煙から守るのがあるとのことでした。
      ただの何にもないヘルプカードならば申請できますがと言われ、この事では無いだろうと、一旦お断りしました。
      東京だし、直ぐに頂けるだろと思っていただけに、頭の中が、“あれ”?
      そのうち狭い窓口の奥でザワザワするように、何人もの職員と話しておりました。
      「初めて聞いたものですから」と。。。
      ただのヘルプカードは、他人からの手助けが無いと生活が困難の方の為のものならあると三度ぐらい話しました。
      いや、“私はそこまでの人ではない”と。
      そして、全く待ちもしないのに、お時間取らせてすみません等と言われ
      男性職員に変わるように、『申し訳ありません、私どもも初めて聞いたものですから』
      そうなり、後にしました。
      一つ、区役所でも、あまりやる気の見えない方々が多数居るように思えます。
      カマをかけるかのように、私は、“このような相談は初めてでしょうか”?みたいに話したら、『えっえー』と。
      そして、職員のぼろを出させるかのように、“私みたいな受動喫煙で目くじらを立てる人も居ないですね”?と言えば、
      「そうですね~」と。なりました。
      いずれにしろ、このような対応でした。

      いや、私なら大丈夫です。いろいろな手段を考えております。

      1. ユカタン より:

        これは、今回のヘルプカードからの、ひらめきです。一応、区役所にも話してみたいと思いました。
        それは、路上喫煙禁止など、そのようなものに関係するステッカーと言うのでしょうか?シールですが、あれより、また違う感じではありますが、受動喫煙禁止と宣伝するような物を、身につけられたらと思いました。
        道路や禁煙してはならないマークをつけても、まだまだと言う状態ですから、歩く禁煙もあっては、いいんじゃないかとさえ、考えました。
        ただのシールを身体に貼付けるのであれば、何かジョークにしか思われません。あくまでも、希望です。
        何でもいい。次々と案を出せば、何かしら女神が微笑んでくれると信じたいです。

        1. パンダ より:

          ユカタンさん

          アントシアニンに症状が出るのですね。
          色々な成分が入っていると、どれが自分の症状に影響しているか分かりにくいですよね。

          こちらのサイトの6月5日ニュースで受動喫煙ロゴマーク応募とクラウドファンディングが載っています。

          私は前から一目で分かるようにと思って、ヘルプカードに受動喫煙禁止と書いて代用していますが、上記のような試みも出ています。
          また、車にも受動喫煙禁止の表示を自分で作り、車の前後の人に分かるように、また、駐車場で「初めて見るロゴマーク。何だろう?」と思って見て貰えるように付けています。
          ベビーインカーのステッカーと同じような役割だと思います。

          受動喫煙防止シンボルマーク(すいたくないボウヤ)は妊娠中の方に向けて作られたものだと思いますが、受動喫煙防止したい個人でも利用可能です。
          一度見てみてください。
          http://kinennohi.jp/symbol/index.html

          また、厚労省も受動喫煙も出しています。
          https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000129415.html

          皆さんの色々なアイディアで周囲から周知していく事で、少しでも受動喫煙に対する意識の向上になればと思っています。

          私達の場合、読まないと分からないでは困るので、「一目で病気だからこの人の前で喫煙はダメだと分かる」物でないといけないと思います。
          広告しているだけだと思われてしまったら、きっと反論してくる人もいるでしょう。
          「こんな病気があるならタバコを止めた方がいいかな」とか「こんな病気になる可能性があるなら子供に受動喫煙させたくないな」とも思ってもらいたいなと思ってます。

        2. ユカタン より:

          パンダさん 
          ホームページをくっつけて頂き、ありがとうございます。
          様々な取り組みが、行われてはいるのですね!
          スワンと、本当にそのようにしてもらいたい!
          白鳥の数字のアイデアも、赤ちゃんのマークにしても、良いですね!
          赤ちゃんの絵からは、なんか、胸に突き刺さる物がありました。
          煙草は、人類みんなに悪いのだから。。。

          この日、三ヶ月ぶりに、マンションの、最も煙草の臭いが漂って来る、発生源の住民とバッタリ会いました。一応は、挨拶はしましたが。。。
          ドアを開けた瞬間に相手が通りすがり、ブワア~っと、強烈な煙草の臭いがしました。
          歩きたばこをしていたわけではないのに、通るだけで、喫煙している最中の悪臭と、なんら変わりません!
          以前よりまして、痩せつつ、やっと片足を引きずりながら歩いてました。
          あんなに、なられても、煙草を手放さない。
          更に、喫煙者側に限って、煙草について、何にもしらない。または、知ろうとしない。“あーうるさい!わかってるよ”!ぐらいです。
          煙草煙草と、見たくもないけど、原材料を知れば、恐怖にならないから。。。。必ず、都合の良いように、話が出るものです!

          そんなとき、信用できるのも、他人の理解者も当然ですが、自分で見極めた事を貫き通す事だと考えています。
          けっして、マスコミや朝日新聞社NHKに、情報で躍らされることがないように、強い意思も必要です。
          本当に今、長年の嘘がまかり通るようになっていた全ての問題、
          少しずつ、真実を知り、修正しているところです。
          まずは、自分を信じつつ、照らし合わせながらやりたいです。

          1. ユカタン より:

            思い返せば、シャボン玉の動画を見てから、なんて良いアイデアだろうと。
            https://www.tabaco-manner.jp/movie/
            ずっと、残してもらいたい動画ですね!何食わぬ顔して、テーブル席で煙草の火を付ける人たち、
            そのうち、店員が実行したシャボン玉のパフォーマンス(笑)
            そして、その喫煙者の張本人が、なんだこれは、みたいな、不機嫌に!
            そこから、店員が、喫煙者に促すような話で、とても、良い意味で、心を動かせたものだと考えました。

            促し、頷けるような、このような物が、いろいろ、つくれたら良いですね!

        3. ユカタン より:

          パンダさん
          毎日、何かと悪臭で一苦労ですね!
          その日の時間帯により、道路沿いに続く道程が、400メートル近く煙草の臭いが長く続く事が、よくあります。

          パンダさんが、言われていた、どんどん、麻痺して、臭いの強いものを使うようになる。
          これはある意味、自殺行為ですね。。。
          自身でも、暮らしに不要な化学物質は、減らしている。
          一方で、外部から何らかの形で害される。
          悔しいやら、切ないやらの気持ちです。
          着色料も、本当に、キリのない話になりますが、コチニール色素もそうです。
          カーペットのコロコロテープ、あれも、封を開けて妙な臭いがするタイプがあります。化学物質らしいですが。。。

          良いと洗脳されるように使っていたものは、手放すのも、何かに代用するのも一苦労でしょうね!!

    2. ユカタン より:

      心身ともに、思っている以上に、とても、過敏になりつつあります。
      煙草からの煙などの受動喫煙歴が長かったのも原因だと言えます。

      大人になってからキャンディーなどあまり口にすることもなくて、食べないことにしていましたが、手持ちの綺麗なキャンディーがあり、面白いストラップも付いていたので買いました。大した原材料でもなくて、疑わずに口にしたところ、早くも舌がぴりぴりし始めました。
      何だろうと、構わずに口にしていたら、もっと痛くなり、食べるのを止めて、考えました。
      あー、もしかしたら着色料のアレルギー反応だと考えました。
      もう一度、原材料を見れば、クチナシなど二種類の着色料が入ります。それから捨てました。
      確かに、私が十代の後半の時、初めて、カクテルを口にした頃、毎回、顔なり、身体なり、みみずばれみたくなりました。しばらくは、そのまんま、気にせずに、こうなるもんだと思っていたら、月日が経てば、もっと痒みが出てきて止めました。
      生ビールだけなら平気で、カクテルの着色料が、私には不向きと知りました。

      信じがたいぐらいに、いろいろな場所で反応をするものだと考えました。

      仮に、私が白髪が目立つ頭になったとしても、白髪染めみたいのも使えないということです。
      頭皮も、更に敏感で、これについては一苦労しています。最小限のシャンプーでも痒みがあります。
      精神的な過敏となる人にも多いみたいです。

      ただ、最近は、部屋にある化学物質の洗剤などを少なくするようにしています。
      重曹で、できる限り終わらせたいのだけど、何から何までとはいかず。。。。
      洗剤のように少量使えば良いと言うことにもならないし、早くなくなってしまう。もっと、重曹が格安で量も多く入って売られていればいいのだけど。

      1. パンダ より:

        ユカタンさん

        私の説明が至らずヘルプカードを貰えなくてすみません。
        ヘルプカードは障害者の方や妊婦さん、配慮の必要な方用なので受動喫煙専用がありません。
        発作が起きた時に病名が書いてあるとすぐに対処できるようにとか、障害者の方が助けを必要な時に提示したりできるように、裏に記入できるようになっています。
        助けや配慮が必要な人であることを知らせる為のものです。
        その人それぞれの内容になるので、受動喫煙専用ではないのです。
        私がヘルプカードに受動喫煙禁止と書いているだけで、元から受動喫煙禁止とは書いてありません。
        それを付けていれば、この人の前で喫煙をしてはいけないなと周知出来ると思い付けています。

        ユカタンさんは着色料やシャンプーにも症状が出るのですね。
        クチナシって植物で体に良さそうなイメージを持っていました。
        白髪染めはヘナとかコーヒーや紅茶染めとかもあるそうですが、どこまで染まってどこまで良いのかは分かりません。

        添加物、農薬、化学物質、電磁波、受動喫煙からの影響を受けない日は1日たりともありません。
        こんなに体に悪い物を作り出してしまったのですね。
        何でも元に戻すのは、作る事の何倍も時間がかかると言います。
        重曹やクエン酸など色々なものを揃えるのも結構大変です。
        今の化学物質を使用している会社が、全て安全な商品を作れば少しはコストも下がると思うのですが。

        1. ユカタン より:

          パンダさん、有力な情報ありがとうございます!
          本当に、外出先でのヘルプカードは、ジーッと見てしまう物です。何かを認めてしまうような感じになり、少しばかり抵抗はあります。。。
          でも、もう一度、使い方なんかを尋ねてみようと思います。
          席まで譲られても、何だか調子悪いし(笑) 大変なことですよね!ヘルプカードとは。。。。

          着色料をもう一つのは、アントシアニンという物でした。
          調べて見ても、そんなに悪い感じもしなかったけど、着色料をいろいろ見ているうちに、背中まで痒くなりました。
          やはり、こうなるものだと脳裏に走るのでしょうか。。。。
          ロボットではない人間なのに(笑)
          本当の意味で、化学物質を回避する暮らしとしては、厳しいですね。
          パンダさんも、日常的に、かなり生きづらいような気がいたします。
          そうやって、気落ちして、こんなにまでして、生きてるのも………等と言うことには、なっては、なりません!

          喫煙者は、いたって嗜好品の為に、空気を悪臭にしているのだから。。。
          自身も苦痛だけど、パンダさんも気掛かりです。

    3. ユカタン より:

      その日の活動が終わるぐらいに、考えてしまいます。
      ”あ~、今日も煙草の臭いに、こんだけ巻かれた“と言うことです。
      考えている以上に、身体は、正直な物ですね!

      この日は、やはり、多くは歩いて移動するようにしておりますが、
      道路の脇道というのか、車を停めた真後ろに、何人もの道路工事ガードマンが、あぐらをかいて喫煙されてました。
      道路だけに、一応、車を停めた後ろに固まるように輪になってました。
      通りすがりにしても、煙草の臭いがしたので、目をやったんです。
      一瞬より、少し長く見てしまい、”何だよ“?みたいな目をした男性が居ましたね。
      どうしても、煙草だけで、反応してしまうものです。
      相変わらず、外なら、人が近くになれば、相手の手元に視線が集中してしまう日々です。
      よっぽど、煙草を吸われるのが、拒否反応みたいになっていると思われます。
      煙草会社は、廃業して頂きたいです。

      1. ユカタン より:

        道路工事は、至る所でやっております。
        それだけ関係者の煙草が、プラスされる事にもなります。
        道路沿いにズラリと並んでの喫煙も、どうもなりません。
        過去に一度、低姿勢で、注意をしたことがありました。
        その時、「はあ?何が悪いんだ!」「俺らは仕事してんだぞ!」「おめーは、道路を直してくれんのか?」
        と、いう感じでした(笑)

        それだけでなく、道路を頻繁に掘り起こしていると、土に染み込んでいる化学物質が一緒に余計に出てきます。
        それらで、喉の痛み、鼻の調子を悪くします。

        働く人は、良いことをしているつもりだけど、実は、工事をすることも、地球に悪いこと……。
        まるで、当たり前のように多くの人が通う歯医者です。
        削っては、埋めてと繰り返し、やがては、歯を失うパターン。
        なんか、似ていませんか。。。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*