“受動喫煙のない五輪へ” 『日経』が大特集

 受動喫煙・タバコ問題の記事が比較的多い『日経』で、特集がありました。原紙では見開きで大きく扱っています。
ネット報道を見てみましょう。

 「たばこのない五輪」街にも 自治体、喫煙対策に苦心
  =『日本經濟新聞』2019/9/11 18:00=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“競技会場の敷地内が完全禁煙となる初めての夏季大会だ。これを機に受動喫煙を減らそうと、会場がある都市は規制などに本腰を入れる”

“従業員がいる場合は原則、屋内禁煙とします――。……会場となる幕張メッセがある千葉市は、市内の大型ビジョンや「ユーチューブ」でこんな内容のアニメ動画を放映し、20年4月全面施行の受動喫煙防止条例をアピール”

“会場のある都市にとどまらない。大阪府でも、喫煙できる飲食店を客席面積30平方メートル以下とする受動喫煙防止条例が25年4月に全面施行される”

“世界最大のたばこ消費国、中国でも北京市が08年大会前に禁煙規定を強化した。医療施設や駅など公共の場所では喫煙を禁じていたが、スポーツ施設やジムなどを追加。15年には冬季五輪の誘致に向け、職場など屋内での喫煙を全面的に禁じる世界的にも厳しい条例を同市が施行”

“16年のリオ大会まで「屋内は禁煙、屋外に喫煙所設置」のパターンが続いたが、IOCは17年に敷地内での禁煙を指示した。18年平昌大会ではこれに沿って「会場内は完全禁煙」の方針で開かれた。

東京大会も会場は同様の対応になる。……平昌ではボランティアや大会関係者のために喫煙スペースが設けられた会場もあったが、東京大会では設けない。組織委幹部は「どんな立場であっても会場内では喫煙できない。係員にも監視してもらい、『煙ゼロ』にする」”

“1964年の東京大会では、会場で喫煙しながら応援する観客は多かった。開催を記念したたばこが販売され、機運醸成に一役買った。当時は8割にのぼった男性の喫煙率は今や3割を切る”

イラスト提供:AgaPaS(アガパス)=受動喫煙対策研究会

“受動喫煙のない五輪へ” 『日経』が大特集” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    オリンピック前でもある今だからこそ、健康被害となる受動喫煙の情報を、特に喫煙者には、きちんと理解してもらう必要があると思います。

    何がいけないのか、また、タバコの煙は、どの辺りまで到達するものなのかを含めて理解すれば、どこでもタバコを吸うような人は、今よりは減るのではないかと思います。
    受動喫煙をなくしていこうとする活動の中には、必ずや妨害があります。
    嘘の情報に振り回されないように、ちゃんとした科学的に証明している事などをもっと伝えていく必要があります。
    タバコや喫煙者を援護するような、タバコをやめたらかえって病気になる? 喫煙率が低下して、無菌状態になっている? 中には発癌性物質も必要だのと言っているのを、鵜呑みにしてはいけません!
    現に受動喫煙症状を訴える側として、苦しみながら闘う日々の連続なんですから。

  2. ユカタン より:

    どこまで厳しくしても、質の悪い違法な喫煙者が必ず出てきます。
    重度な中毒気味の人なら、一秒でも早く喫煙したい。だから、喫煙所のずっと手前から歩きたばこをして、喫煙所ではタバコの火を消していくのが多いみたいですね。
    これは本当に意味無し、喫煙所なんかはなくせば良い。
    歩きたばこが基本になるような喫煙者が多すぎる。タバコの吸い殻もどうにかしなくては。
    この辺から改善しないとオリンピックだろうと何にも変わらないと思う。

  3. パンダ より:

    喫煙を我慢できない喫煙者は、オリンピック会場に行くのは難しいでしょうね。
    人ごみで前に進めない、売っている商品を購入するのに時間がかかるなど、ニコチンが切れるとイライラしてしまうのではないでしょうか。
    今のうちにタバコを吸わなくても我慢が出来るようにならなくては、これからの社会に付いていけなくなりますよ。
    その時に止めればいいと思っても、禁煙は難しい人もいますから。
    もう既に日本は後れを取っているのですから、取り戻す為に国も色々な政策を考えてくると思います。
    喫煙者の意識も乗り遅れないように、時代についていって下さい。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*