運転手の路上喫煙に申し入れ、企業が対策を約束してくれました ①

 ’19年11月末、当機構の会員(『STOP受動喫煙 新聞』定期購読者)より、
 「“リハビリセンター”と書かれた車から降りた運転手が路上喫煙、たまたま通りがかって受動喫煙被害に、受動喫煙症も発症した」
 との、相談と、証拠の写真が送られてきました。

 ([追記注]本ニュース初公開時はその写真を掲載していましたが、企業の意向を受けて、非公開といたしましたことをご了承ください。)

 車に記された社名から検索したところ、同社サイトと問合せフォームがあったので、相談者に、苦情・改善要求を送ってみては、と助言しました。
 しかし携帯からうまく送れなかったとのことで、試験もかねて当方から送信しました。(うまく送れたので、本人からも送るよう促しました)

 私が送った文は、以下です。(フォームからの受信の自動返信より。不要なスペースや情報は省略していますが、質問や回答の本文は原文のままです。以下同)

お問い合わせを受け付けました。
担当者が確認次第折り返しご連絡させていただきます。
※このメールは自動返信メールです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お問い合わせ内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お申し込み区分: お問い合わせ
希望の事業所: 東京都

会社/事業所名: 公益社団法人 受動喫煙撲滅機構
住所: 231-0015 神奈川県 横浜市中区尾上町
電話番号: 045-228-8523

質問・希望等:

 当方に、貴社名の記載の車から降りた運転手の路上喫煙により、通らねばならない避けられない道路上にて、受動喫煙被害に遭い、喉や眼の痛み・咳など、少し体調を崩したとの、写真も添えた報告がありました。

 いまどきこのような行為は許されることではなく、しかも場所は新目白通りとのこと、新宿区なので条例違反ともなります。また、勤務中の職務放棄(さぼり)ともいえるのではないでしょうか。

 貴社では、そのような行為を容認しているのでしょうか。

 徹底改善(全乗員に対して二度と起きないことの指導)をお願いしたいのですが、いかがでしょうか。

 今後の対応について、具体的にご回答いただけると幸甚です。

 ※ご返信は、メールでお願いいたします。
 ※要望・ご回答は、公開する場合もございます。

 すると、30分くらいのちに、同社から機構に電話がありました。
 「(“回答はメールで”としたのに、電話でかんたんに済ますつもりなのかな?)」 と思いながら、話すと、

 1. 担当区域は多岐にわたるので、特定のため、その住所(番地)を教えてもらえないか、
 2. 被害のご本人にも、直接お詫びしたいので、連絡先を教えていただけないか、
 3. 正式な回答は、できしだい、メールで送ります、

 とのことでした。
 私は、これは、誠意があると思いました。
 いままで私も、活動仲間たちも、数多くのこういった申し入れを、行政や企業、デパートなどに行なってきましたが、
電話だけで済ますところ、形だけのお詫びの言葉のみで、改善策を示さないところ、
それどころかまったく無視のところも、多くあったからです。

 すぐに相談者に聞いたところ、やはり出先であり番地まではわからないこと、また直接の電話などは恐縮するので、とのことでした。
 そこで、先の自動返信に記してあったアドレスに、前記の写真も添付して送信しました。

【機構からの第二信】
トータルリハセンター御中

 さきほどフォームより問合せ、
すぐにお電話いただきました、
「(公社)受動喫煙撲滅機構」・内藤です。早速のご対応、ありがとうございます。

1. 地名に関しては、相談者に質問しましたが、新目白通りという以上、わかりません。
一応、写真を添付いたします。

2. 「直接の電話などの連絡・お詫び」は、
“気が引ける”ようで、結構です、とのことでした。
(お気遣いには感謝いたします)
 ご回答ご返信を、転送することにいたします。

 よろしくどうぞ、お願い申し上げます。

内藤 謙一 拝

☆   ☆   ☆   ☆
「受動喫煙」は“防止”でなく「撲滅」を
「他者被害」撲滅の重視・優先を

公益社団法人 受動喫煙撲滅機構 http://www.tabaco-manner.jp/
編集局 内藤 謙一
『STOP受動喫煙 新聞』発行 定期購読1200円(4回/一年 税送料サービス)
 https://www.tabaco-manner.jp/category/newspaper_backnumber/
☆「学習・相談の会」を開いています。
 https://www.tabaco-manner.jp/regular_meeting/
 毎月第4金曜(原則)18:00~20:00頃 予約制 

電話 045-228-8523(平日8:30~16:00) FAX 045-228-8475

☆受動喫煙問題専門の団体で、唯一の公益社団法人です。
 活動は非営利であり、
 特定の政治・企業・団体・宗教・思想に偏らず、同志と協働しております。

 すると、その日の夕方過ぎに、返信がありました。
 (長くなりますので、本稿は後日に続きます)
 
 


画像はイメージです。(「スモークフリーキッズ」主催ポスター展より)

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

運転手の路上喫煙に申し入れ、企業が対策を約束してくれました ①” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    道を歩いていたら、タバコの悪臭がしてきました。
    臭いのする方向を見ると、「三和運輸株式会社」、と書かれたトラックが停車しており、窓を開けた状態でタバコを吸う二人の運転手の姿がありました。
    肺が重苦しくなり、さっさと逃げましたが、ほんとうに迷惑でしかありません。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*