まだあった喫煙車にNHKも驚きの報道…?

 先日紹介した関西の私鉄の特急列車の禁煙化について(→末尾にリンク)、
NHKの質問回答式ニュースで、「驚きです」とされていました。

 まだ残っていたの?たばこが吸える特急
  =『サクサク経済Q&A』(NHK NEWSWEB)2020/02/05=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“いまや公共の場では禁煙が当たり前の時代。狭い鉄道車内は当然、禁煙かと思いきや、1月末までたばこを吸える特急列車が走っていたのをご存じですか?”

“(Q)まだ座席でたばこが吸える電車があったとは驚きです”

“(大阪放送局の太田朗記者)「私も喫煙者なので乗車してみましたが、堂々とたばこを吸いながら車窓を流れる景色を見るというのは、なかなか気分がいいものでしたよ。」

(Q)う~ん、私はたばこが苦手なので、その気持ちが理解できないです。でもなぜ今まで運行を続けてきたのかが不思議です。

(太田記者)「近鉄は喫煙者のためのサービスとして運行を続けてきたと説明しています。もう1つ……私鉄のなかで近鉄は特急の走行区間が長いという特徴です。……古い車両には喫煙ルームがないため、喫煙車両を残し続けたというのです。」”

 過去と現在の違いについても。

“(太田記者)「昭和の時代は、列車内での喫煙は当たり前でした。かつてはたばこを吸う人が今とは比べ物にならないぐらい多かった事情があります……昭和50年(1975年)当時の喫煙者率は、なんと男性76.2%、女性15.1%、全体で44.5%とかなり高い割合だったのです……
新幹線では、昭和51年(1976年)に初めて禁煙車が登場しました……。東海道新幹線では平成19年(2007年)に全席禁煙の列車が運行を開始したほか、各地の特急列車も全席禁煙にする動きが相次ぎ、喫煙車はほとんどがすでに姿を消したというわけです。」”

“(Q)近鉄が運行を終了した理由も時代の流れということですか?
(太田記者)「……4月から施行される改正健康増進法が理由です……座席でたばこが吸える喫煙車両は運行できなくなるためです。
ただし、列車に喫煙ルームを設置することは認められています。
新幹線をイメージするとわかりやすいと思いますが、愛煙家たちは今後、列車やホームに設置された喫煙ルームでたばこを吸うことになります。」”

“(Q)近鉄の喫煙車両は今後どうなるのですか?
(太田記者)「網棚の上にある空気清浄機と座席のひじ掛けについている灰皿を撤去して、車内のクリーニングを行います。そして、禁煙車に生まれ変わって引退する来年春まで運行することになっています。
近鉄では、たばこを吸う人も吸わない人も快適な旅を楽しんでほしいと話していました。」”

 この記事の少し前、2月1日公開の同じNHKネット記事がありました。(NHKは早く非公開になることがあるのでお早めにお読みください)
 この文がどうも引っかかるのですがどうでしょうか。末尾に示した当サイト紹介の他のマスコミ報道と比べてみてください。 

 近鉄 私鉄最後の喫煙車両が運行を終了
  =『NHK NEWSWEB』2020年2月1日 10時36分=

“全国の私鉄の有料特急のなかで唯一、座席でたばこを吸える喫煙車両を走らせてきた近鉄は、31日で喫煙車両の運行を終了しました。
近鉄は大阪と名古屋や伊勢志摩方面をむすぶ列車など、一部に座席でたばこが吸える喫煙車両を連結しています。
各座席には灰皿が備え付けられていて車窓からの景色を眺めながらたばこを吸うことができました。
こうした喫煙車両は私鉄の有料特急では全国で唯一でした”

“近鉄では……たばこを吸いたい人は特急の喫煙ルームや駅の喫煙スペースを利用してほしいと呼びかけています”

“……喫煙車両を利用した男性は「残念だが時代の変化でしかたがない。これからは喫煙ルームでたばこを吸います」と話していました”

 “全国で唯一残っていた座席で喫煙できる特急”を強調するのは良いのですが、
「景色を眺めながらたばこを吸うことができました」とは、前述Q&Aで記者が言っているのと同様、良いことだったかのように取れます。「残念だが」という喫煙者の声もあげ、禁煙化を評価する声は掲載していません。近鉄による喫煙所の利用の呼びかけも載せています。

 先のQ&Aでも“近鉄特急は区間が長い”としていますが、もっと長時間乗る飛行機はとうの昔に喫煙室もない完全禁煙となっています。

 報道側にそのような姿勢はなく執筆者の感覚でそう書かれたのかもしれませんが、多くの報道には、どちらを味方するかの姿勢や主張が盛り込まれるもの、ミスリード(誤誘導)をさせるものもよくありますので、“行間”を読み解く視点が必要です。


鉄道はみんなの夢です。(写真は「プラレール」の映像より)

[いままでの関連記事]
 新幹線が「全席禁煙」に! しかし残る問題が? ’19年6月4日

 近鉄特急が全席禁煙に~ただし車内に喫煙室を残します ’20年1月14日

 JR西日本が駅を“完全禁煙”にします? =広島・山口~新幹線ホームは? ’20年2月5日

  

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*