「受動喫煙の怖さ」~日本外来小児科学会が解説

 受動喫煙の害について、医師の学会とまとめたという、とてもわかりやすい記事がありましたので紹介します。
 PM2.5から始まって、具体的な数値・例をあげていますので、参考資料になると思います。(記事名以下囲みは抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。)

 受動喫煙の怖さ! 子どもを守るには【日本外来小児科学会リーフレット検討会より】
  =『たまひよ ONLINE』2020/03/29 更新=

“PM2.5の身近な発生源はたばこです。健康に影響がない大気中のPM2.5は15㎍/㎥以下です。70以上で警報が出ますが、喫煙している室内では700以上にもなり、廊下でも70を超えます。そんな空気を吸うことを受動喫煙といいます”

きれいな空気をつくるには、汚さない事がいちばんです。

石炭火力発電所や自動車の排気ガスも空気を汚しますが、なければ不便な事も多いのです。なくせばみんなに喜ばれるのがたばこの煙です”

“奈良県の生駒市役所内では、「たばこを吸った後45分間はエレベーターに乗らないでください」と書いています。吸ったたばこの成分は45分間にわたって口から出続けます。
喫煙後すぐの「すぐ」とは45分間です”

“たばこを1本吸うと、25mプールいっぱい分くらいに煙が広がります。換気扇の下で吸うのもダメです……カレーを作っているときに家中ににおいが広がるのと同じです。においがあるところに煙ありです”

“外で吸っても45分間は口から出続けます。また、口からだけでなく、洋服や髪の毛にもたばこの煙はしみこんでいます”

“屋外での喫煙でも、風向きによって25メートル先まで煙が流れてゆくことが確認されています”

[当機構・サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 「受動喫煙症」 知っていますか?(受動喫煙による病気・症状) ’18年4月
 タバコアレルギーとは? 「受動喫煙症」との関連は? ’18年12月
 “外で吸ってきても受動喫煙被害”=三次喫煙(サードハンドスモーク)について著名医師がテレビで解説 ’19年5月
 喫煙後はエレベーター不可
’18年4月

 「屋外でも25m先まで」→『STOP受動喫煙 新聞』第20号 – 2017年10月に大和浩教授の実験報告を図解。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*