遅れるプロ野球の禁煙、桑田コーチに期待!

 プロ野球界で、受動喫煙撲滅に古くから取り組んできた桑田さんが、コーチになったことの記事です。

 「球界きっての理論派」なのだそうですね。

 巨人・桑田コーチの最初の仕事は「主力選手を強制禁煙」か
  =『NEWSポストセブン』2021.01.23 07:00=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“「桑田は頑固なところがある……現役時代の桑田は、球団の禁煙問題でも自分の意見を押し通したからね。移動の新幹線でも、自分だけ禁煙車に移ってしまったこともあるし、バスやロッカールームでも球団に分煙を要求した。当時は喫煙する選手が大半を占めていたから、面白くないと思っていた先輩たちもたくさんいたが、桑田は折れなかった。もちろん、禁煙に関しては桑田の言ってることが正論だったしね」”

“「桑田の禁煙」は、巨人の球団史では知る人ぞ知る有名な“内紛”だった。タバコ嫌いの桑田氏は、1986年の入団直後から球団に禁煙や分煙を直訴していたものの……当時は喫煙選手のほうが多数派で、世間では「受動喫煙」などという言葉もなかった。桑田氏がむしろ異端扱いされたのは、そういう時代だったからだ”

“禁煙が実現したのは入団10年目、1995年のことだった。第二次長嶋茂雄政権の3年目で、やはり非喫煙者だった長嶋氏の決断で、バスやロッカールームの分煙、キャンプ地での禁煙が決まった”

“今回の桑田コーチ就任によって、“第二次禁煙紛争”が勃発するのではないかと見られている。
「原監督は喫煙にうるさい。……2008年には、入団4年目の東野峻に、先発ローテーション入りの条件は禁煙だと申し渡したこともある。東野は結局、禁煙できず、それだけが理由ではないだろうが、2012年オフにトレードされた。そして今の第三次政権が決まった際の記者会見(2018年)では、4番・岡本和真が成長するには何が必要か、と質問されて、『まずタバコをやめることだね』と答えている……巨人に禁煙・分煙を持ち込んだ桑田コーチが復帰することで、ますます喫煙者への風当たりは強まると見られている」”

“アスリートにとって喫煙は百害あって一利なしであることは論をまたない。これを機に巨人で完全禁煙が定着すれば、あるいは桑田コーチの最初のお手柄になるかもしれない”

“ソフトバンクの工藤公康・監督はヘビースモーカーで知られ、それもあって主砲の柳田悠岐も堂々と喫煙している。巨人の禁煙は、もしかすると打倒ソフトバンクの第一歩にもなる”

 記事もコメント者もやや混同しているみたいですが、桑田氏が現役時代に問題にしたのは、選手らの喫煙ではなく、自身への受動喫煙です。
 もちろん、喫煙者がひとりでもいれば、他人への受動喫煙は発生するので、喫煙者を減らすことも必要です。

 野球は、いまでも国民の多くにファンがいる、とくに、憧れる子どもも多いスポーツです。
 選手は、みなを幻滅させないようにしてもらいたいです。

 

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 “野球肘”は受動喫煙が原因だった?! ’20年3月

 野球チームも全面禁煙に ’20年2月

 タバコの煙はトレーニングに悪影響・・・しかしスポーツ選手には喫煙者が多い? / マナーの悪い喫煙者は、管理者に苦情を ’20年12月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*