なんと高校生たちが、われわれの活動なみのことをやってくれました。

 2施設、受動喫煙対策を 沼津東高生が市に要望
 =『静岡新聞SBS』2018/9/15=

 以下抜粋、「…」は文省略・太字化は引用者によります。

“沼津東高新聞部の生徒5人が…市役所を訪れ、頼重秀一市長に…喫煙所に関する要望書を提出した”
“要望書は、2施設の指定喫煙場所を…移動させ…煙が漏れない囲いの設置を求める内容”
“「小さな子供も利用する場所で受動喫煙が起きている。一刻も早く改善していただきたい」と訴え、…市長は「重要なご指摘をいただいた…検討して進めていきたい」と応じた”

 ちなみに、都道府県や市区町村など自治体への「要望」活動としては、
私たちも「スモークフリー・キャラバン」と題して、
「受動喫煙防止条例」の制定を多くの自治体へ訴えてきました。

 ☆関連→『STOP受動喫煙 新聞』掲載=全国版3710号、東京1516号、千葉20
 本ニュース千葉でのSFキャラバン報告はこちら→ 2018年6月15日 7月23日

 SFキャラバンでは、「要望」提出だけでなく、その自治体の議会への「陳情」提出も多くの自治体で行なっており、千葉市のように採択され条例化に進んだ議会もありますが、(前記リンク6月15日)
 高校生らが市長に直接要望を送るとは、たいへん立派なものです。

 われわれ大人はもっとがんばらなくてはいけません。
 せめて、簡単でも、問題ある喫煙場所の撤去の要求を、地元自治体にメールすることも考えられます。
  (一例→本ニュース バスターミナルの酷い喫煙所で受動喫煙に 市役所への要望と、回答)

 全国の若者たちにも広まっていけば、と、また、
 こんな若者たちといっしょに活動できないだろうか……と思っています。
 
  
 ☆当サイトではご意見・ご感想・情報を受けつけています。以下コメント欄や、
 「お問い合わせ」欄からご投稿くだされば幸いです。