市営住宅が禁煙に!~豊橋市

 受動喫煙の相談で、圧倒的に多いのが「自宅」での被害です。
 逃げるように引っ越したが、その先でもまた同じ被害に遭っているという例もよくあり、
「禁煙の住宅はないものか」といった声が寄せられています。

 独自の受動喫煙防止条例の制定に向け、また加熱式タバコも国や東京と違って規制対象に盛り込むなど、意欲的である愛知県豊橋市(今までの情報は末尾)で、禁煙の市営住宅が始まろうとしています。

 市営住宅や駅前禁煙化 豊橋市、受動喫煙被害防ぐ
  =『中日新聞』2019年3月6日=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“豊橋市が市営住宅や豊橋駅前の禁煙化を進めている……受動喫煙防止条例の制定を目指しつつ、異なる枠組みでも推進している”

“市営住宅「西口住宅一号棟」では、五月の入居開始に合わせ、敷地内の禁煙ルールを設ける。市営住宅としては県内初の試みで、寝たばこなどによる火災予防も目的のひとつ。新設予定の残り二棟も禁煙化する”

“豊橋駅前の「ペデストリアンデッキ」と南口駅前広場にある喫煙所計二カ所も、新年度中の廃止を検討

 県内初とのことですが、全国的にも珍しいのではないでしょうか。
 (他にご存知の方は、ぜひ当機構までお知らせください)
 東京など一部にある禁煙マンションは、家賃も高めのものが多いようです。市営なら、その点もよいことでしょう。

 既存の入居者の喫煙は認めるとの、漸進的なもののようで、不公平感があり、そこからの受動喫煙が問題になるかもしれませんが、
全体で、禁煙が当たり前の雰囲気となれば、問題が出たら、喫煙者も配慮したり、いづらくなったりするかもしれません。

 写真は、栃木県の完全禁煙アパートです。(『STOP受動喫煙 新聞11号18号で紹介)

 ※豊橋市の今までの取り組みについては『STOP受動喫煙 新聞』25号と当サイト2018年11月21日2019年2月20日に掲載しています。

 住宅に関するいままでのニュースは当サイトのカテゴリー ニュース(住宅・家庭内) をご参照ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。

コメントへの当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*