加熱式タバコの方が被害が強いという人も

 “煙がない” “臭いが少ない” などと強調して、日本では販路を拡大している加熱式タバコ。(アメリカでは販売が承認されていません)
 しかし、「害が少ない」と断定できるわけではありません。
 私の聞いた範囲でも、「加熱式の方が紙巻きより臭い」「喘息が出るのも加熱式の方が多い」という声があります。
 
 先ごろ出たわかりやすい研究・解説書でも、“病気になる危険性が紙巻タバコに比べて低いわけではない”と書かれています。
 →当サイト’19年3月14日 加熱式タバコの問題を暴く本が出ました ~ 田淵貴大医師(大阪国際がんセンターがん対策センター)著

 さて、加熱式は(も)やっぱりひどい、という趣旨の報道がありました。
 
 「タバコ臭トラブル」に新展開? 目立ち始めた「加熱式」への不満、その理由は…
  =『Jタウンネット東京都』2019年3月20日 16:00=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“「……毎日何度も、カチっというライターの音と共に、ふわーっと嫌な臭いが漂ってきました……慌てて窓を閉めても間に合わず、まるでわたしの家の中で誰かが喫煙したのではないかと思うほど、室内はタバコの匂いが充満していました……真下、斜め下の住人がベランダで喫煙していたのです。私はタバコが苦手なので、これでは窓を開けられませんし、窓を閉めていても洗濯物にも匂いはつきます
マンションの管理センターに注意のお願いをしましたが、ベランダ喫煙がおさまるまでは1年以上の日数を要しました。
ですが、今度は換気扇の下で吸うことが多くなったようです。しかし、マンションの構造上、換気扇の排気口がベランダにあるため、我が家としてはほとんど同じ状況のままでした」”

ほうじ茶っぽいような、ザ・加熱式タバコみたいなあの焦げた臭いがダメです。身体が受け付けないというか。近くで吸っている人がいたら、すぐ分かります。

もし臭いを抑えたくて加熱式にしてる人がいたら、『逆効果だよ!』って言ってやりたいですね”

 記事の末尾、「タバコ臭トラブル体験談、引き続き募集します」とのことです。
 ぜひご応募ください。

 以下は大阪の「カラオケ喫茶うた」入口です。(活動仲間より)

『STOP受動喫煙 新聞』季刊・年1200円
さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読をおすすめします。

加熱式タバコの方が被害が強いという人も”に1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    やはり、集合住宅みたいな複数の人が同じ建物で暮らすような住居では、火の気や悪臭を漂わせるなどは、大迷惑行為にしかならないので厳禁ですよ。
    タバコ関連で病気で懲らしめられるなどは、人生の中には無いはずです。
    余計なことで心身苦しめないでもらいたい。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*