タバコ休憩はやはり問題 違反には懲戒処分もありえます

 そりゃズルいでしょ、と思いながらも読んでみましょう。

 やっぱりタバコ休憩は「ズルい」のか?
  =『LIMO 』2019.04.16 06:00=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“「なぜ喫煙家にだけサボりが許されているのか」”

“「タバコ休憩から帰ってきた人の吐く息が迷惑
「エレベーターがタバコ臭くなるし、そもそも他人に迷惑かけてんだから歩いて登ってこいと言いたい」
「タバコの煙を吸うと頭いたくなる。私にとっては死活問題」”

 私たちへの、職場被害の相談や報告でも、さいきんはモロに事務所内で喫煙という話は少なく、
「外で吸ってきた同僚からの臭いで体調不良に」という声がほとんどになっています。

 私はその相談に対しては、
「1. 三次喫煙(=サードハンドスモーク=残留煙)も健康被害があること(加えて、そのうち取り返しのつかない状態になる可能性もあること)」
「2. 不快臭だけでも、業務への集中を妨げること」
に加え、
「3. 喫煙サボリを事業所が認めるのは不公平、問題であること」
を、
「(まずあなたが)しっかり意識して、(喫煙者本人ではなく)なるべく上の上司・管理権限者に申し入れしましょう」
 と、助言しています。

 さらに、もう一つ、法律サイトの記事も出ました。

 ソフトバンク、就業時間中の全面禁煙へ…「ちょっと一服」でも処分受ける?
  =『弁護士ドットコムNEWS』2019年04月21日 09時37分=

“「タバコ休憩で15分戻らなくても何も言われないのに、ネットサーフィンをしていると怒られるのはなぜですか」。「喫煙者の方が非喫煙者よりも休憩をとっている気がする」”

“会社から注意・指導がなされたり、場合によっては懲戒処分を受けるリスクはより高くなると思います”

浦安市役所10階 2017年8月9日(水)午前中

写真は単なるイメージで、記事とは関係ありません…?

 
 当サイトであげた職場問題のニュースの一部を以下にあげておきます。
 ☆右の「カテゴリー(職場)」でその他多数が見られます。

 「喫煙者は採用しない」は法的にも問題なし(弁護士見解)

 「仕事中 禁煙(タバコ休憩不可)」 は、法的に問題なし

タバコ休憩はやはり問題 違反には懲戒処分もありえます” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    煙草休憩は、害を吸い込み、非喫煙者に害のお土産を持ち帰るだけだよ。

  2. ユカタン より:

    煙草を紙巻きと加熱と分けられるんだから、喫煙者と吸わない人は、別にしてもらいたいね!

    喫煙者が利用するエレベーターや狭い階段さえ、臭くてならない!

    昼休みから仕事中から、本当に迷惑しかない。

    自身で心身ぶっ壊すのだし、勝手に怒り狂う様子だよ!

    一度の人生、そんな人たちに邪魔されたくないわ!

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*