「屋外喫煙所」問題に街の声… JTは“受動喫煙は少なく発症はまずない”と…⁈

 公共的な施設や販売店は禁煙が当然になり、飲食店も禁煙化が進んでいて、利用者が選べるようになっている現代、
深刻な受動喫煙被害は、住宅または職場でしょうが、
幸運にもそれらがない人にとっては、「路上」がもっとも多くある受動喫煙被害ではないでしょうか。

 本欄でもたびたびあげていますが、一般の報道でも、市民の声が多く取りあげられるようになりました。

 屋外喫煙所って、いいの? 通行人「におい苦痛」愛煙家「不寛容すぎる」 JT・厚労省に直撃
  =『朝日新聞DIGITAL』2019年4月19日 10:00=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“「子どもに煙を吸わせたくない」と、屋外喫煙所を気にする子育て中の親も少なくない”

“ベビーカーを押しながら猛ダッシュ。「子どもにできるだけ煙を吸わせたくない。早くこの場を離れたい」。女性は息を切らして話した”

“「毎朝、苦痛です」……50代の男性会社員も屋外喫煙所からの煙に悩んでいた……「毎朝ここを通らざるを得ない。近くのバス停でバスを待つ15分ほどの間もずっと心配なんです」”

“喫煙者はどう感じているのか。「嫌な人は近づかなければいい。こっちは決められた場所で吸っている」……複雑な思いを抱く喫煙者も少なくない……「直接文句は言われませんが、透明な塀の向こうから白い目で見られる時があります」
 「作るんやったらもうちょっとちゃんと作らんと。においが全部抜けてるもん」”

 そして、それに対して……

“日本たばこ産業(JT)……担当者は「(屋外喫煙所から流れてくる煙と)非喫煙者の疾病との関連性は確認されていません」と説明……屋内の喫煙についても「因果関係は完全には証明されていない」というのがJTの立場……「……空気中で拡散し、薄められているので……吸い込む量は極めて少ない……動物で発がん性を評価する試験においても……腫瘍(しゅよう)を発生させることは極めて困難です」”

 ここで、われらが大和教授登場。

“産業医科大学(福岡県北九州市)の大和浩教授……は「受動喫煙が肺がんや心筋梗塞(こうそく)などのリスクを高めることは、世界の研究によって明らか」……「屋外であっても、風下であれば、一時的とはいえ、『望まない受動喫煙』が発生する」……
大和教授の実験では、屋外の喫煙所から25メートル離れた風下の地点でも、たばこの煙に含まれる微粒子(PM2・5)が、1立方メートルあたり100から200マイクログラムという高い濃度で検出された。環境省が定めた大気汚染の目安となる環境基準(35マイクログラム/1日平均)よりはるかに高い……「建物や人の動線から十分に距離をとるなどの対策が取れないなら、屋外でも喫煙コーナーを作るべきではない」”

“国はどういう立場なのか。……厚生労働省……担当者はこう強調した。「JTの『……健康影響は必ずしも科学的に明らかになっていないので、受動喫煙は迷惑・気配り・マナーの問題だ』という主張は……採用することはできない。国際的な状況を見ても、受動喫煙は他者の健康に悪影響があるという前提で対策をとる」”

 じつは、屋外喫煙所や店頭灰皿の多くは、JTが出資(寄贈)しているもの、ということをご存知でしょうか。
 市区町村の屋外喫煙所は、苦情があったりで自治体が撤去や移動をしようと思っても、「寄贈」なのでJTはその費用を出さないのです。
 関連→ほとんどの人はタバコ臭に敏感! / 400万円の喫煙所が税金で建てられることに?!

 なお、この大和先生の「25mでも高濃度の受動喫煙」実験は、『STOP受動喫煙 新聞』20号26号で、詳しく掲載しています。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*