『タウンニュース』に受動喫煙撲滅機構が掲載されました

 神奈川の無料配布紙『タウンニュース』(週刊、木曜発行)の記者さんより6月に電話があり、取材に来られて、その翌週6月27日(木)に、改正法施行に関連しての受動喫煙の特集で、掲載していただきました。

 健康増進法7月1日改正 学校・病院、全面禁煙に 市、1万4千施設調査へ
  =『タウンニュース』(横浜市版)2019年6月27日号=

 ※翌週7月4日やその後の週の掲載になったところがあるそうです。
 6月27日掲載=中区・西区、都筑区、旭区、神奈川区
 7月4日掲載=金沢区・磯子区、保土ケ谷区、緑区

 以下、記事の抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“改正健康増進法の一部が7月1日に施行され……これを受け、市は約1万4千カ所の対象施設への啓発や状況確認を行う。一方、受動喫煙被害防止を訴える市内の団体には、煙がない場所でも臭いで体調に変調をきたす「サードハンドスモーク(三次喫煙)」の被害相談が増えている”

“公共空間の禁煙化が進む一方、……路上や集合住宅の受動喫煙被害を訴える声が広がっている。

受動喫煙の被害者支援などを行う公益社団法人受動喫煙撲滅機構=事務局・中区=は「最近、マンション隣室のベランダから流れてくるたばこの煙の被害を訴える声が増えている」という。ほかにも、煙がなくても、たばこ臭のする人が周囲に来たり、臭いが染み付いた部屋に入るだけで血圧が上がったり、体に変調をきたす「サードハンドスモーク」に関する相談が目立つようになった。同機構は「マンションは管理会社に住環境を守る義務がある」として、相談者に管理会社との交渉法を助言しているという”

“同機構は「受動喫煙の深刻な被害を防ぐよう、国や自治体は対策を講じてほしい」と求めている”

 ちょっと補足します。“隣室のベランダから流れてくるタバコの煙の被害を訴える声が”とありますが、最近は、住宅被害の声は相変わらずトップであるものの、ベランダ喫煙という例は、以前よりはかなり減って一部になっています。住宅被害の10人に1人以下でしょうか。また、隣室からとも限らず、下階や上階からのものもあります。
 「換気扇から」「窓を開けて吸うから(ベランダ側の窓を開けている例も多い)」、中には「玄関先で」もあります。
 そして一番多いと思えるのが、「どこから臭ってくるのか(流入してくるのか)、わからない」です。(発生の部屋さえわからない例も)

 以前は禁煙運動者や医療関係者も、部屋の受動喫煙を避けるためにベランダ喫煙を奨励していたものですが、いまはそれが問題なのは常識となっています。
 2年前に「近隣住宅 受動喫煙 被害者の会」(当サイトリンクにも掲載)がマスコミで多くとり上げられ、“ホタル族”問題が報道されたりした影響もあるのでしょう。先日の本ニュースであげた調査でも、ベランダ喫煙は少ないと出ています。
 → 住宅受動喫煙の全国調査~ 『リビンマッチ』調べ
 関連 → 三次喫煙(サードハンドスモーク=残留受動喫煙)を漫画でわかりやすく解説!


 写真は、『タウンニュース』に写真がある、関内駅南口の喫煙所が建設中だったときのものです(2016年1月)。
 それまでは駅のそばに、壁なく灰皿のみの“むき出し”だったので、ましになったとはいえますが、そこを通って当機構に来る相談者からも文句が出ています。

 なお、『タウンニュース』の記事は、以前の当サイトニュースでも引用させてもらっています。
 喫煙禁止地区を増やす陳情書が提出されました ~ 「日吉駅前禁煙プロジェクト」(横浜市港北区)

『タウンニュース』に受動喫煙撲滅機構が掲載されました” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    受動喫煙撲滅機構様
    また、本日も恐るべし、熱さ暑さになるようですから、注意くださいね。
    撲滅機構様は、熱意が並大抵ではありませんから、もっと暑くなると思いました。
    わたくしも、気をつけます。たまに的外れな投稿もありますが、読み流してやってください。
    ただただ、受動喫煙撲滅機構様に読んで頂きたい、だけかもしれません。
    本当に日本国は何にしても隠蔽ばかりで嫌になります。
    いつも色んな情報提供等ありがとうございます!

     

  2. ユカタン より:

    受動喫煙撲滅機構様
    今日という日は、本当に熱い暑さの中、お疲れ様です!
    押し潰されるような暑さでした。
    だからと、エアコンみたいのも一日中では、身体も悲鳴をあげます!
    どうか、切りがない撲滅だとは、思いますが、いろいろとお気を付けください。
    いつも、沢山の情報を心から感謝いたします。

  3. ユカタン より:

    受動喫煙で年中やられてる人は、自分の身に最悪となる事が、待ち受けているものだと言えます。
    わけわからん煙草を散々吸わされて、おまけに平均値で出す嘘と、放射能のデタラメや被曝。
    先があるわけないよね。。。(もはや、この世は人の心から支配されつつある)

  4. ユカタン より:

    サードハンドスモークか‥‥‥‥。
    外国人観光客には、わかりやすい言葉だけど、ちょっと日本人向きでないね。
    受動喫煙のような言葉の方が、私なら言葉の重みを感じます。
    自治体でも、ちゃんとした日本語を使えなくなってるとか、なってないとか
    カタカナ語混じりの話も、略語として簡単なんだろうが、私は好ましくないと思う。
    国の代表の人たちが、話をしている中で、いきなり、“パフォーマンス”だとか口にされたら、なんか軽く感じて。。。
    そのようなカタカナ語が、あまりにも使う人が当たり前になり、自分自身も何だか最近わかりません。
    日本のおもてなしも何もあったもんでない!こんなのも日本人だけみたいですよ!(そんな私もハッピーだの何なの使うけど)

  5. ユカタン より:

    あらゆる所で喫煙の、余計な問題に苦しまねばならない。
    禁煙にして、喫煙所を設置して、それが繰り返されるような、白黒オセロみたい!
    喫煙所をつくっても、その場しのぎとしかならないでしょう。
    喫煙所は、喫煙者ばかりが集まるのだから、臭いは垂れ流しになるだけです。健康被害以外の何物でもないです。
    喫煙所を目にすれば、吸いたい病が発生します。
    (あっ煙草が吸える!ちょっと吸っていこう。どうせ、あの飲食店禁煙だし、みたいな)
    吸わせなくてよいよ。。。。

    身体がきついです。悩まないとならない。行き先が狭まる。
    受動喫煙、受動喫煙と頭からなくならない。おまけに住居での生活がヤバイ状態になる。
    本当に壁からプラスチック類から、不純物だか、煙草の臭いのなんか強烈な物を刻み込まれたような部屋は、どうなるのかな?毒だらけと考えると、それだけでおかしくなりそう。。。
    やっと煙草は有害という情報が拡散していて、良いことだと思う。
    嘘を本当のように騒ぎ立て、煽るような、NHKや朝日新聞社みたいな話にはのらぬように、最近はNHKニュースも常時流すのは止めています。
    二言目には、健康法だの取り上げて、テレビしか情報がない人の心理を悪用して。
    日本の歴史の本質をちゃんと知り尽くせば、くだらない騒ぎ立てには、のりませんよ!
    日本は、本当は立派な国に違いない。
    日本は例えると、四回あったレスリングに、三回は勝ったけど、最後の一回だけ負けてしまったというような歴史だけなんだから!

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*