検査で証明し“子ども受動喫煙”撲滅へ=千葉市

 以前に、君津市で同様の検査を行うという報道を紹介しましたが、
  →尿検査で子どもへの受動喫煙を測定
 県庁所在地・千葉市でも行われることになりました。

 子どもの受動喫煙防止へ 検査で被害“見える化” 千葉市
  =『千葉日報』2019年9月6日05:00 無料公開=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“家庭内での受動喫煙防止に向け、……尿検査と保護者アンケートをモデル的に導入する。……“見える化”することで、家庭での被害防止や意識啓発につなげる狙い。検査費など1千万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を6日開会の9月議会に提案”

“尿検査は……タバコの煙に含まれるニコチンが体内に取り込まれてできる物質「コチニン」を測定”

“若葉区の喫煙率は父親36・8%(市平均26・2%)、母親4・6%(同2・4%)で市内全6区の中で最も高い。このため、まずは同区で検査を行い、煙害を理解できる年代として4年生を対象とした”

数値が高い家庭には書面で注意を促す

“同様の取り組みは埼玉県熊谷市が2007年度から実施。県内では君津市が今年10~11月にも始める予定”

 千葉県は、陳情活動「スモークフリー・キャラバン」(→末尾に関連リンク)のときに地元の活動者に聞いたところでは、地方に行くと禁煙店も滅多にないどころか、ある居酒屋などでは、喫煙者が灰皿くださいというと、お店の人が床を指さし「下(床)へ落とせばいいから」というレベルの店まであるほど、だそうです。

 しかし千葉市では東京都に準ずる受動喫煙防止条例ができて施行しているなど、他の地方より進んでいる面も注目できます。


千葉の団体「スモークフリーキッズ」のポスター展より。


[当サイト関連ニュース]
 千葉の禁煙活動「タバコ問題を考える会・千葉」7月例会の報告①「スモークフリー・キャラバン」’18年7月23日
 成立しました! 千葉市の受動喫煙防止条例’18年9月20日
 千葉の受動喫煙撲滅イベント その2~ 小中学生ポスター展・“受動喫煙は虐待” 講演(君津市)’18年12月17日

 他にもありますので、右の検索窓で「子ども」「千葉」など入れてお調べください。

検査で証明し“子ども受動喫煙”撲滅へ=千葉市” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    近所で、父親が歩きたばこをしながら、5歳ぐらいの子供と手を繋いで歩いている姿を見ました。
    本当に、子供への受動喫煙防止が守られているのだろうかと思わずにはいられません。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*