喫煙者52人で非喫煙者が1人死んでいます

 何の罪もない非喫煙者が、他者の喫煙で発生する煙・受動喫煙で健康被害を生じ、亡くなっている、という事実は、昔から知られて、データも出ていますが――、
新たな研究による、より具体的な数値が発表されました。

 見出し通り、喫煙者が約50人いれば、受動喫煙で一人死んでいる、つまり喫煙者約100人によって2人が殺されている、ということです。
 しかもちょっとまえは、約30人に1人だったそうです。

 52人の喫煙で受動喫煙者1人が死亡、国際統計を分析
  =『CNN.co.jp』2020.03.18 Wed posted at 16:00=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“世界の喫煙者は推定10億人で、年間でおよそ100万人が、その周りで煙を吸って死亡しているとみられている。
「受動喫煙は無害だとか、喫煙ほどのダメージはないと思われている」「だがこれは真に致命的だ」”

“研究チームは……国際機関の喫煙に関する統計を分析。1990年~2016年にかけての26年間について、喫煙と受動喫煙のために死亡した人の数を調べ、「副流煙指数」を算出……受動喫煙が原因で死亡した人は、1990年は喫煙者31人当たり1人の割合に上っていたことが判明。2016年は喫煙者52人当たり1人という割合だった”

“中東と東南アジアでは、喫煙者43人当たり1人

 最も少ない北米でも、喫煙者86人に1人なのですね。
 日本には何人の喫煙者がいて、何人殺されているのでしょうか。

WHO「World No-Tobacco Day」2012年ポスター

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 「受動喫煙死15000人」の根拠 ’18年5月

 昔の親のタバコで、いま深刻な病気になるかもしれません ’19年1月

 予想以上に遠くへ流れているタバコの煙~近隣トラブルを招く ’19年2月

 受動喫煙被害者は、我慢や回避をしている! 東京都の調査から(後編) ’19年5月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

喫煙者52人で非喫煙者が1人死んでいます” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    黒い衣装の男性のポスターを見る度に迫力があるのと、これらの怖さが強調されます。
    タバコは合法になっているからと、喫煙者の一服で、殺されてはたまったものではありませんね。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*