市民のかんたんな申し入れでの、スーパーの灰皿撤去・敷地内全面禁煙化の成功例

 FBことフェイスブックで、「Smoke Free 2020 Tokyo Olympics」という、禁煙運動のグループがあります。
 このFBグループには、多くの人から、とてもよい情報が日々投稿されているので、ぜひみなさんも閲覧、グループ入会をおすすめするものですが、(私もたびたび投稿していますし、ありがたいことに他の方が当サイトニュースを引用してくれることもあります)
 先日、ある方の投稿で、簡単な申し入れにより、スーパーの受動喫煙撲滅に成功した好例がありましたので、紹介します。

“近所の業務用スーパーで、外の陳列棚のすぐ脇に、ベンチと灰皿が置いてあったため、
その本社に連絡、
「健康増進法の受動喫煙を生じさせない為の配慮義務」に反する旨と、
保健所にも連絡した旨を伝えたところ、
以下の様な返信が送られてきました”(原文より要約)

 と、以下の画像が添付されていました。(画像はクリックで拡大します。伏字加工などはご本人の投稿のままです)

 喫煙場所の移動ではなく、“敷地内一切喫煙禁止”になり、「大変貴重なお申し出…ありがとうございました」とあります。
 この対応は立派です。この感染騒動のさなかにも喫煙所を閉鎖しない他の店舗などに見習わせましょう。

 そこで一服していた喫煙者の利便より、受動喫煙に迷惑していた客のほうが圧倒的に多かったはず。
 ちょっとした通報により、見逃されていた受動喫煙被害に、本社は気づいたということでしょう。

 みなさんも、身近な喫煙場所は、どんどん通報してください。結果は、良くても悪くても、当サイトで公開できます。

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 一人の市民の要望を受け、コンビニ灰皿が撤去されました~みなさんもどんどん申し入れを! ’19年10月

 コンビニ店頭の喫煙を排除してくれました~ローソン ’19年12月

 迷惑なコンビニの店頭灰皿・喫煙所の撤去を禁煙学会が求めました ’19年8月

 神奈川県庁は喫煙所「閉鎖・撤去の予定なし」 機構質問への回答 ’20年5月13日

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

市民のかんたんな申し入れでの、スーパーの灰皿撤去・敷地内全面禁煙化の成功例” に対して1件のコメントがあります。

  1. 下沢 より:

    私の住む富山県朝日町の「ショッピングセンター アスカ」は入口の横の自動販売機のそばに灰皿がある。周りに仕切り壁がなく、横を通ると受動喫煙の被害にあう。また、正面入口を入るとタバコの自動販売機がある。さらに横のアゼリアホールも入口の横に灰皿があり、周りに仕切り壁がなく、横を通ると受動喫煙の被害にあう。これらの場所は未成年もよく通る。

    こうしたスーパーで喫煙するには未成年の通らない建物の裏に灰皿を置いて、周りをガラス壁で囲って副流煙が外に漏れないようにしないといけないと思う。さらにその周辺は未成年の立入りを禁止するべきである。朝日町には受動喫煙被害を相談する機関がなく、誰も取り合わない。朝日町保健所も取り合わない。

    私のfacebookに詳細を投稿した。(要ログイン)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*