“往く平成”での受動喫煙のテレビ放映の哀しみ

公益社団法人受動喫煙撲滅機構
理事長 田中 潤

 平成最後の日、フジテレビの「プリンセス美智子さま物語」を見ました。女官侍従長が見た美智子様の皇室入り以降の波乱の日々を温かい眼差しで作り上げた作品で、とても感動を覚えました。

 水を差したのは、受動喫煙場面の異常な多さです。報道記者たちの辺り構わずの喫煙シーンは、この作品の撮影の現場でも受動喫煙が無防備に行われていたことを明確に伝えています。

 受動喫煙のシーンを過去に行われていた風景として無神経に流すうえ、制作現場で受動喫煙があるのは、既に施行している健康増進法に照らしても明らかな法律違反なのです。表現の自由という次元の話ではありません。

 今回のドラマで皇太子殿下と美智子様の役は、役者が一切話をせず、いわゆるイメージ映像で作っています。このくらい放送の中で配慮をしながら、何の躊躇いもなく、受動喫煙場面を繰り返すことに大きな哀しみを感じます。
 ドラマを作る現場での受動喫煙は、今後決してさせないでいただきたいと切に願います。

[テレビ問題の当サイト関連ページ]
 2019年2月19日 NHK『いだてん』の過剰な喫煙シーン・受動喫煙発生に「受動喫煙撲滅機構」が申し入れを送りました

 3月5日 NHKから回答がありました

 3月11日 受動喫煙の概念を共有することがスタート

 3月25日 NHKのコカイン騒動と受動喫煙シーンの対応について

 5月16日 NHKの問題=“香害”(柔軟剤)と「受動喫煙」の助長=に対し、『週刊金曜日』に投書が掲載されました

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*