NHKの問題=“香害”(柔軟剤)と「受動喫煙」の助長=に対し、『週刊金曜日』に投書が掲載されました

 当機構では、NHKが番組で受動喫煙を助長していることを問題視し、申し入れ文を送りましたが、(関連ページ末尾にリンク)
その後NHKは、これもいま社会問題化している、いわゆる“香害”問題=人工合成化学物質による悪臭と健康被害=を助長することになる、柔軟剤の使用を推奨する内容を人気番組『ガッテン!』で流しました。

 これらは共通する問題だと指摘した投書が、社会派雑誌『週刊金曜日』に掲載されましたので、同誌の許可を得て以下に転載します。(各画像はクリックで拡大します)
 ☆2ページにわたったので、スキャンして並べたものです。

 掲載誌:『週刊金曜日』2019年5月10日号(第1231号)「投書」59ページ
 題:「NHKと合成洗剤とタバコ」
 文にある機構の申し入れとNHK回答の当サイト記事は、末尾にリンクがあります。
  
 以下は同号の表紙と目次(右下に題・投書者名が見られます)。→その号のサイト(バックナンバー)掲載ページ  
 
 上記掲載文がうまく見られなかった方のために、以下に投書の本文を記しておきます。

NHKと合成洗剤とタバコ
 NHKの「ガッテン」が、柔軟剤を推奨する内容を流したことを、本誌3月29日号「金曜アンテナ」欄で知った。合成化学物質による多くの被害者・団体が怒り、抗議したとのこと。
 化学物質症(注・私は被害者の過剰反応ととれる「過敏症」という呼称は使用しない)が激増し、香料等の制限を求める運動が広まる中、そのような番組を放送するとは、悪質企業を応援しているように思える。
 一方、それより前の今年2月、同局のドラマ「いだてん」で喫煙シーンが異常に多いことに、「受動喫煙撲滅機構」が申し入れ文を送り、ネット上では話題になった。
 NHKでは過去の「ゲゲゲの女房」「バカボンのパパよりバカなパパ」など、重度喫煙の主人公の時代を描いた、編集部やバーなどの場面でもタバコが出なかった。「日本禁煙学会」が表彰したほどである。
 受動喫煙被害撲滅の機運が高まり、昨年は国の健康増進法が改正され、各地で受動喫煙防止条例が制定されている中、今まで出さなかった喫煙シーンを頻繁に出すのはなぜか。
 機構はサイトで送付文と、局の回答を公開しているが、申し入れの要点、①受動喫煙を世間に容認させる②今なぜ喫煙場面を過剰に出すのか③未成年や禁煙治療者への影響④俳優・スタッフへの受動喫煙は、といった問題提起に、答えていないものであった。
 NHKは大企業と癒着し、〝企業に不利な時代の流れ〟を逆行させようとする、情報操作・プロパガンダを行う局なのであろうか。「公共」を名乗る資格、受信料を取る資格は、はたしてあるのだろうか。

化学物質症”との関連

 当機構への相談や訴えでも、「受動喫煙症」と同時に「化学物質症」を併発している、というかたが急増しています。→化学物質症にも言及した当機構サイト記事の主なものは末尾にリンク (☆ここで「化学物質過敏症」としないのは、投書にある理由と同じです)

 タバコによる受動喫煙も、有害な人工合成物質の強制曝露(ばくろ)も、どちらも撲滅すべき問題です。

 その『ガッテン!』問題の同誌記事は以下です。

 NHK「ガッテン!」で柔軟剤推奨 「香害」拡大に加担
  =『Yahoo!JAPANニュース』4/10(水) 10:22配信(『週刊金曜日』2019年3月29日号)=

 関連記事。
 NHK『ガッテン!』の番組内容に視聴者の合点が行かず、炎上した理由
  =『DIAMOND online』岡田幹治2019/04/17 06:00=

 コメント集。
 【香害】『ガッテン!』で柔軟剤を奨める内容 香害被害者がNHKに抗議文を送付
  =『まとめダネ!』更新日: 2019年04月10日=
 【広告番組?】NHKガッテン!柔軟剤使用を推薦してしまう・・・香害の元凶と怒りの声も
  =『まとめまとめ』2019年04月14日更新=

 当機構では、「横浜 受動喫煙 相談・学習 定例会」の案内でも、発症者や臭いを気にする(というより、鈍感ではない、問題を意識する)人に対しての配慮、臭いのある人の参加禁止を呼びかけています。

『週刊金曜日』について

 転載にあたっての同誌からの要望で、広報を掲載します。

 『週刊金曜日』公式サイト 電話03-3221-8521
 購読を考える方はこちらへ→定期購読 ネット申込フォーム
 【株式会社金曜日 定期購読係】電話(平日9:30-17:30)0120-00-4634/ファクス(24時間受付)0120-55-4634

 投稿してみたい、とおもった方は、以下へどうぞ。
 投書・論争フォーム ファクス03-3221-8532「投書」係

  ☆   ☆   ☆   

[NHK問題の受動喫煙撲滅機構サイト関連ページ]
 2019年2月19日 NHK『いだてん』の過剰な喫煙シーン・受動喫煙発生に「受動喫煙撲滅機構」が申し入れを送りました
 3月5日 NHKから回答がありました
 3月11日 受動喫煙の概念を共有することがスタート
 3月25日 NHKのコカイン騒動と受動喫煙シーンの対応について

[化学物質症の当機構サイト関連ページ]
 「受動喫煙症」 知っていますか?(受動喫煙による病気・症状)
 タバコ臭い人(非喫煙者でも)を不可としたカレー店がとうとう……

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

NHKの問題=“香害”(柔軟剤)と「受動喫煙」の助長=に対し、『週刊金曜日』に投書が掲載されました”に7件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    「コカイン」と最近よく目にします。
    コーラにも入ってる話も聞いたことあるけど、原材料なら見ないし。

    煙草を沢山吸うシーンに、覚せい剤を注射器でうちまくるシーンのドラマが、まだ録画に残っていました(『この世の果て』)。25年も前のものですが、女優の鈴木保奈美さんとかが出演していたドラマです。
    そのドラマは、煙草はすごいし、覚せい剤をあぶって吸うなどザラでした! いま見たら怖くなりますよ!
    NHKさえ、そういうの放送しなければいいっていうことでもないですよね。

  2. ユカタン より:

    怖いとしか言えない。ちょっと100円ショップダイソーに買い物に行きましたところ、臭いがいろいろあり、嗅覚が狂いそうでした。

    店内にも様々な香りがある商品が多数売られており、納得。。。
    安い消臭剤とは、いかがなものか、原材料には、合成界面活性剤が入っており、こんなのスプレーにしてるのはやばくないか?と思いました。
    洗い流す食器洗剤にも含まれているが、それをわざわざ空気中にふりかけるとなれば、どうなるかと考えます。
    置いておく香りのするものや、脱臭剤も怪しいです。
    また、その店のエプロンかなんかにも変な臭いがある感じも。。。
    さらに、駅構内直通になっている場所のせいか、煙草を吸って駆け足でやってきたような臭いもしました。
    三日ぐらい、凄くおかしな大気なので、空気も何だかカラカラ。。。
    鼻の粘膜だかも左側が、皮が剥けてしまい、傷ついてしまいました。よくなりますが。
    鼻を触るなどもせずに、痒みは、上から軽くタオルで押さえて、誤魔化すぐらいです。
    そして、そうなれば、決まって胃の調子も悪くなって居ます。
    もし、化学物質が原因で鼻の粘膜だかを切られるぐらいになってしまうなら、厄介なものです。

    1. ユカタン より:

      いろいろ反応するまでになって、やれやれと、少し不自由さを覚えました。
      アレルギーじゃなかったのに、過去さかのぼってからの生活そのものが、化学物質に対してだとか、アレルギーとなってしまった等です。
      意外な落とし穴にハマっていたかも知れない。 
      柔軟剤なんて、子供の頃から馴染むような一つだった。そうさせられていた。
      蚊取り線香バンバン使うことから、来客は喫煙者オンパレード。
      ここのところ、異常なまでの暮らしからは遠退いたものの、大した事もない様々な物で具合悪くなる始末です。
      玄米油で炒め物して、油の臭いが、強烈な吐き気がした。一昔前は揚げ物の臭いなんかへっちゃらだったのに。豚肉食べた後には、顔全体に脂肪混じりの湿疹が出ました。
      シューッとされるスプレーにも怯えるようになった。
      そして、完治しなくなりつつある頭皮の荒れ。一週間のうちに半分は、頭皮の痒みから、皮膚が大量に剥がれ落ちるんです。
      一流の皮膚科にも行ったことがありますが、膿が出てるわけでないし、わからないと。
      自分で調べるぐらいでしたが、悪い化学物質からのダメージもあるようです。

      受動喫煙が酷すぎた会社で勤務の時、二日に一度ぐらいには、強烈な痒みと皮膚から剥がれ落ちる症状でした。いまはそこまではならなくても、やはり、なります。

      部屋に入る煙草の臭いから、耳の中から痒みが出る日も……。

  3. ネコネコ より:

    化学物質過敏症の被害が大きくなっている理由に、マイクロカプセル柔軟剤が問題視されているようです。
    私も、隣室からの受動喫煙プラス香害の被害にあっているので、重篤な化学物質過敏症にいつ自分がなるかわからないと、せめて家の中の化学香料は少しでも減らすよう商品を選んでいますが、化学香料不使用のものがなんと少ないことか・・・。
    こんなものにまで香料が必要??と思います。
    日本は香料天国と聞いたことがあります。

    ガッテンの放送は私もリアルタイムで見ていて唖然とし、すぐにNHKに抗議の意見を送りました。
    日本消費者連盟も、抗議文を送りNHKからの返答をHPに載せていますが、呆れるような内容です。
    かつてNHKは、柔軟剤による香害問題も受動喫煙問題も「あさイチ」などで早く取り上げていたのに・・・。

    一部の学校では、昔ながらの微香で残香性のない洗剤のことではなく、最近のマイクロカプセル洗剤についてとした上で、各家庭に使用を控えて欲しい旨をお願いしているところもあるそうです。
    独自に対策するしかなく、タバコも洗剤も、化学物質の健康被害について日本の消極的な姿勢には落胆するしかありません。
    しかしながら、アンケートでは、他人の残香性柔軟剤により自身が電車などで気分が悪くなった経験があるという人が多数を占めるのに対し、使っている人も多いという矛盾。
    嗅覚はダイレクトに脳に影響を与えます。
    自身への危機感もそうですが、自分のしたことで苦しんでいる人がいるということを知れば、どうしても自分に必要でない限り、どうどうと権利を主張するように使ったり吸ったりできないと思うのですが・・・。
    (もっとも、煙草は中毒なので、まともな話が通じないことが多いというのが私の印象です)
    この受動喫煙撲滅機構のトップページのように「思いやりのこころ」が育っていくことがよりよい社会への道だと思います。

    1. ネコネコ より:

      「化学物質過敏症」→「化学物質症」訂正します。
      以前に気にしていたのに、うっかりしました。申し訳ありません。

      1. 受動喫煙撲滅機構 より:

        「化学物質症」=他者に強制(矯正)しようとまでおもいませんのでかまいませんよ。認識が広まればいいなと思っています。おきづかいありがとうございます。

  4. パンダ より:

    NHKのいだてんは未だに喫煙シーンやタバコに点火するシーンがあります。
    反骨精神なのかこれからも続けるのかなぁと見守っています。
    未成年の影響は今後の事なので結果は出ていませんが、影響があった場合、叩かれなければ見過ごすのでしょうか?
    喫煙者の健康は既に結果が出ています。
    受動喫煙での健康も結果が出ています。
    非喫煙者の俳優でも喫煙シーンを仕事の為に受けている人もいます。
    受け入れれば喫煙させる、それがNHKのやり方なのだなと視聴者として自己判断しました。

    上記の判断からNHKは香害についても社会や世間の批判が無ければ動かないのだと思います。
    健康な人は「香害と言われても響かない」と思います。
    それなら分かろうとする努力が必要だと思います。

    タバコが無くなればタバコ被害が無くなり、考える必要も無くなります。
    香害が無くなれば香害被害が無くなり、考える必要も無くなるのです。
    一番楽な方法は「無くなれば誰も被害を受けず、誰も無駄に考える必要が無くなる」のです。

    何に労力を使いますか?

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*