路上での受動喫煙・ポイ捨てへの“怒り”を漫画で啓発

 路上喫煙のひどさを啓発する、わかりやすいマンガが出ました。

 歩きタバコとポイ捨てを目撃した子連れママの静かなる怒りを描いた漫画「マナーを守って!」
  =『アーバン ライフ メトロ』2019年9月21日=

 漫画のページはこちら

 以下インタビューの抜粋、「…」は文省略・太字化は引用者によります。

“歩きタバコとポイ捨てをよく見かけるのですが、本当にイヤ~な気分になるので描きました…見かけると「あっ!」と思ってしまいます。前を歩いていると、匂いでわかるので……”

“――子どもの顔の高さに当たるとは、本当に危ないですね。歩きタバコをしてる人はそのような「想像力」がないのでしょうか。

恐らくないのでしょうね。「誰にも当たらないだろう」と思っている気がします。実際、似たようなケースで火傷をしたという話も聞くので、私は一定の距離をあけて歩くようにしています。

――ポイ捨ての瞬間を見ると、どのような気持ちになるでしょうか。怒りが先行しますか、それとも悲しみでしょうか。

両方です。タバコに限らず、ゴミなどを道に平気で捨てる人の気持ちが、私には理解できません”

“――ようみんさんは、喫煙自体を否定しているわけではないのですね。

はい、別に否定はしません。私の友人もタバコを吸ってる人がいますからね。ちゃんとした喫煙場所で吸うのは、まったく気になりません”

“――…喫煙所からほんの少し外れた場所で吸っている人もいますよね。

「まぁ、この距離ならいいかな~」と思って吸ってるのかもしれませんが、タバコ自体が嫌いな人から見たら、嫌な感じはするでしょうね”

路上喫煙、タバコが子どもの顔に当たるという問題はかなり前から指摘されており、
当機構と友好関係にある活動団体「タバコ問題を考える会・千葉」(略称:TMKC)が設立されたのも、その事件がきっかけだったとのことです。→同会は当サイト「リンク」ページに載っています。


 写真はTMKCのメンバーが喫煙者に注意し消させたところ。船橋駅近くにて。(クリックで拡大します)

路上での受動喫煙・ポイ捨てへの“怒り”を漫画で啓発” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    路上をゴミ1つ落ちていないぐらい綺麗にしたいですよね。 

    それは、タバコの吸い殻を拾い集めるなど清掃した綺麗さではなくて、
    タバコをそこらで吸ってのポイ捨てするひとがいなくなり、
    自然な普通の路上であることが当たり前になるということでもあります。
    ゴミのポイ捨てもそうですが、
    タバコの吸い殻がポイ捨てされた場所には、自然に新たなポイ捨てが増えます。
    吸い殻の場所をめがけて、路上喫煙をするひとがいるのではないかと思ったりします。
    実際に、タバコの吸い殻が一定の場所で一本だけ落ちていたとしましょう。
    そうすると、翌日には五本ぐらいになって一箇所に固まり落ちていることがよくあります。
    このタバコの吸い殻は、とても不愉快であり、見苦しくもあります。
    たとえ、個人で懸命に拾い集めてもゼロにもってくるには難しいのです。
    ひとりひとりの喫煙者の意識が変わらない限りは。
    みていて、そうではないかとは思いましたが、
    タバコの吸い殻のポイ捨て周辺で、日々の路上喫煙が繰り返しおこなわれていることは、深刻な問題だと思いました。

  2. ユカタン より:

    その日により路上喫煙がひど過ぎる日があります。
    私のうちの建物そばのFamilyMartのある路上では、休日には客がこぞってやってきては、何食わぬ顔をして喫煙しております。
    FamilyMartが、禁煙とかアイドリング禁止とかどれだけ貼付けようと、それらが目に入っていないのか、もしくは、関係ないのかと思うような客ばかりが訪れています。
    ここには、前には灰皿があったというのが一番の理由でしょうか。
    また、自家用車などでやってくる客の大半が喫煙者のようで、FamilyMartでタバコを買い求め、それを車に戻り窓を開けてタバコを吸うか、車からおりた場所で吸うかの二つに一つです。
    アイドリングのまま、窓開けてる人については、喫煙者だとにらんでおります。
    車でのタバコは、いくらでも言い訳ができそうですよね。誰にもなにもいわせないというような考えでしょうか。
    これをどうやって、なくしていくのかとなれば、いまのままでは無理難題に近いですよね。
    車からおりたら路上喫煙だ。だから、車に乗った状態の喫煙ならばよいだろう。
    喫煙者は、なかなか頭が回るというか、タバコについてはあの手この手の言い訳があります。
    ですが、タバコについては、かなり勉強不足の喫煙者ばかりだと思います。
    嫌みでもなんでもありません。現実なんです。
    タバコ煙害について、様々な他人への悪影響などをしっかりと理解していれば、迷惑喫煙はしないはずですから。
    本当に、今のままで、オリンピックでの日本のおもてなしができるのでしょうか?
    わたしは、今のままではとうてい無理ではないかと思います。
    路上ひとつ、まともじゃない。あちこち、吸い殻が落ちている。
    どれをとってもありえません。
    とても、恥ずかしいことです。 
    これでは、海外の観光客には、ジャパンスモーキングNo.1などといわれそうです。

  3. ユカタン より:

    あまりにも、たち悪い“車タバコ”に呆れています。 
    常習犯のようにやってくる《株式会社ナオ》のトラック。うちの建物の目の前で、アイドリングにくわえ、窓を開けての車内タバコです。
    最近は、こうやって繰り返しやってくる運転手には、もう注意する気にはなりません。どんなトラブルに巻き込まれるか、ただでさえわからない時代なんで、肺が苦しく、痛く、喉から肺にかけておかしくなっても耐えているのみです。
    「人間は、生まれながら平等」などといわれても、喫煙者からの不快なタバコ煙害からの受動喫煙が続くと辛すぎます。このまま、寝ている間に呼吸などが苦しくなって、命を落とすのかと考えると、どこが平等なんだろうと思いますね。

  4. ユカタン より:

    どうして私には、喫煙者の知り合いばかりなんだろう? と思います。
    逆に非喫煙者の知り合いは、さいきんあまり身近にいないのです。
    喫煙者の知人は、受動喫煙症状の出る者としては、負担になることになります。しかし、非喫煙者に気遣いが完全に出来る人達かと言うと違います。
    道端でバッタリ会えば、相手はタバコを吸っている時もあります。
    この前も、続けて二人の喫煙者の知り合いと道端で立ち話をしてしまいました……。
    その度に自身の喉や肺などを苦しめることになります。せいぜい、風向きを考えながら話すぐらいです。
    そこで考えました。会ってもスルーするように、ノンストップ、立ち止まらない事にしました。
    6年も前からの知人たちだけに、なかなか対策も難しかったのですが、もう最近は断ち切りたいと思うほうが強くなりました。
    ただでさえ、至る所での知り合いでもない喫煙者に悩まされているのが現実ですから。
    しかし、一つ、言えることは、
    《タバコを吸わない人、というだけで、長所にもなる》と言うことですね。

  5. ユカタン より:

    しかし、「路上喫煙禁止」とありながら、よく喫煙する気になりますよね。
    それでも、違法な喫煙者を注意してタバコの火を消させたこの写真は、
    非喫煙者としても嬉しいというか、自分に代わって、相手がどんな人間と考えるより先に、吸えない場所だからと呼びかけしてくれたことは、心強い限りです。
    喫煙者としても、禁ずる場所でさえも、「ここなら大丈夫だろう」「注意されたら消せば良い」?
    案外、軽い考えなのかもわかりません。
    誰も来なさそうだなどとタバコを吸う人もいるでしょうね。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*