「歩きタバコは凶器」警察が取り締まるべきでは?

 本当に腹が立つ、路上喫煙
 受動喫煙はなんでも腹が立ちますが、幸運にも住宅や職場で被害にあっていない人たちにとって、もっとも被害件数が多いのは路上です。
 いまどき? と思える、前時代的な感覚の路上喫煙者がまだ多く、火傷や、受動喫煙症の発症まで出ているのだから、警察が取りしまるべきでは? という声も、多く聞きます。

 身近な法相談、受動喫煙問題も多く取り上げている素晴らしいサイト『弁護士ドットコムNEWS』で、弁護士の見解が述べられました。

 「歩きタバコは凶器」刑罰を求める声も…なぜ警察は取り締まらないの?
  =『弁護士ドットコムNEWS2020年02月08日09時56分=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“「歩きタバコになぜ刑罰が科されないの?」、「警察に取り締まりをしてほしい」など、歩きタバコに対する怒りの声が止むことはない

“主婦のアオイさん(30代・女性)も「歩きタバコは凶器です」と怒りをあらわにする。
事件はアオイさんが子どもと2人で歩道を歩いているときに起こった。路上喫煙が禁止されている場所にも関わらず、突然タバコの臭いが漂ってきたという。不思議に思っていると、突然子どもが「ギャッ」と叫んだ”

 現状の罰則についての説明が続きます。

“東京都・千代田区では、2002年に全国初の罰則つきの条例……が成立。道路上や区が指定する公共の場所で喫煙した場合は、2000円の「過料」を払わなければならないとされる。
……「『過料』は行政罰で、『刑罰』は文字通り刑事罰です。刑事罰の中に『科料』というものがあります。これは、1000円以上1万円未満の軽い犯罪について科す財産刑です。
一方『過料』は、国または地方公共団体が行政上の軽い禁令を犯した者……に対して科する金銭罰となっています。
『過料』はあくまでも行政罰ですので、行政職員が取り締まることになります。市の条例であれば市役所の職員が、県の条例であれば県の職員がおこないます。刑事罰ではないので、警察の管轄外ということになり、警察が取り締まることはできないことになっています」”

 では、火傷を負ったり、受動喫煙症、持病の悪化などが発生したら? 傷害行為になるのでは?
 その見解が続きます。

“実際に「歩きタバコ」によって怪我を負った人もいる。この場合、「歩きタバコ」をした人を「過失傷害」罪に問うことはできないのだろうか。
また、中には、怪我はしていないものの、「歩きタバコ」自体が人の健康を害するとして「傷害」罪にあたるのではないかという疑問も出ている。
……「もちろん、怪我を負ったということであれば、『過失傷害』となり、刑事罰の対象になります」としたうえで、……
「……わざとタバコの煙を吹きかけることは『暴行』罪になることがあります。そこから副流煙などの病気になれば、『人の生理的機能を害する』ことになり、『傷害』罪に発展する可能性はあるでしょう」”

 
 
 会員提供の東京都の光景。上二つは練馬区、下二つは新宿区にて。

[当サイト関連既報]※一部です。他にも検索窓で「路上」などで引いてみてください。
 「路上喫煙による受動喫煙被害」 具体例 ’18年7月

 路上喫煙での受動喫煙 「自治体による対策の現状」 ’18年7月

 路上禁煙の千代田区で違反する人たち~「タバコ問題情報センター」が区議会へ陳情・請願を進めます ’19年2月

 喘息のある声優が歩行喫煙への怒りの声を公開、共感多数 ~明坂聡美さんツイッターへの各報道 ’19年6月

 「路上喫煙で発作」被害を訴えるマンガが話題に ’19年7月

 路上での受動喫煙・ポイ捨てへの“怒り”を漫画で啓発 ’19年10月

 路上喫煙には、“モラルやマナー”ではなく、法整備を考えるべき ’19年10月

 路上喫煙を注意され暴力をふるった男が逮捕されました ’19年11月

 受動喫煙で救急車に! 20mはなれていても…路上喫煙の撲滅をツイッターで訴え ’20年1月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*