遅れている日本の受動喫煙撲滅 諸外国、中国の取り組みは

 改正法と東京都・千葉市の条例の解説と重ねて、世界の受動喫煙撲滅への状況、とくに、喫煙率が高かったのに急に規制が進んだ中国について詳しく書かれている、良い記事がありました。

 “禁煙法”中国でも 地下鉄の取締強化へ:ついに日本でも施行「原則屋内禁煙」、世界や観光地のタバコとの付き合い方とは
  =『訪日ラボ』2020年05月29日=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“中国でも、喫煙規制を含む「……(都市交通の旅客運搬とサービスに関する法律)」が日本と同じく4月1日から試行されました。
中国では、「たんをはく」「大きな声で話す」「煙草も吸う」という行為が日本に比べて日常的なものとなっていましたが、社会の動きの速い中国では、それらがマナー違反であるという認識が広まりつつあり、今回の規制もその動きのひとつであるといえます”

日本以外の国では既に禁煙に関する施策が充実している国も多くあります。アメリカのカリフォルニア州やニューヨーク州等では1990年代から、職場やレストラン、バーも全面禁煙となっています。アイルランドでは、2004年に世界で初めて国全体を禁煙とする法律が施行されました。

またニュージーランド、ウルグアイ、イギリス、香港、トルコやアメリカの半数以上の州では、室内を全面禁煙とする法律が成立しました。2016年の調査では、屋内全面禁煙の国は55カ国となり、発展途上国を含む世界各国に広がっています。国・州によっては自家用車内も規制の対象となることもあります”

“世界的に喫煙者が最も多いのは日本、中国、オーストラリアを含む西太平洋地域、次いで東南アジア、欧州と続いています”

 中国についてさらに詳しく。

“中国では「城市軌道交通客運組織与服務管理辦法(都市交通の旅客運搬とサービスに関する法律)」が2020年4月1日から施行……対象地域は全国の41都市交通全て……このなかには「車両内禁煙」も含まれています”

“これ以前では、車両の中での喫煙は「ルール違反」との見方が強かったのですが、……「現行犯でないと処罰できない」、「……罰金が50元(日本円で約753円)と軽いため根本的解決にはならない」などの課題があり、難航していました。
今回「車両内禁煙」が法律として規定されたことで、取り締まり強化も期待されています”

“昔は日本も新幹線で喫煙できた時期があったことを考えると、中国でもこのような規制を通して社会の規範意識が徐々に更新されていくでしょう”

“中国はインバウンド市場においても日本のライバルになりえるかも知れません”

 日本国民は昔から、とくにさいきんまた、何かと中国をばかにする人が多くありますが、良い面・良い人が多い国であり、「中国産は悪い」「中国だから」などという人は、無知で偏見思想の人です。
 多くの、日本より優れている面は見習わないと、どんどん差が開いてしまいますね。

2015年7月発行の『STOP受動喫煙 新聞』第11号1面

 
[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 「日本で一番耐えられないこと」“大好きな日本”での受動喫煙に外国人が動画で苦言! ’19年6月

 「食堂でタバコ吸ってる!」外国人は日本の受動喫煙に驚き!「先進国なのに」「昔の中国みたい」 ’19年11月

 外国では、屋外も禁煙化がすすんでいます ’18年11月

外国人には驚愕の“子どもの前での喫煙” ’19年10月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*