また議員が役所で違反喫煙

 またもや、あきれたヒトらがいたものです。
 議員としての自覚はないのでしょうか。投票した人は、後悔しているでしょうか。

 市議が市役所の指定場所以外で喫煙 灰皿空き缶ずらり…「どこも肩身狭い」
  =『京都新聞』2020年6月21日12:00=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“亀岡市役所(安町)で市議らによる指定場所以外での喫煙が続いている”

“喫煙しているのは、議会事務局や各会派室が入る市役所7階の東側バルコニー。……記者が確認したところ、少なくとも計5人(延べ8人)が喫煙した。ベランダに灰皿代わりの空き缶が並び、焦げた跡が残るいすには灰も落ちていた”

“この場所は……2014年2月までは正式な喫煙場所だった。しかし昨年7月1日、市は行政機関庁舎敷地内での原則禁煙を定めた同法に基づき、……2カ所のみを「特定屋外喫煙場所」と指定。市は議会事務局を通じ指定の2カ所で喫煙するよう市議らに依頼したが、7階バルコニーでの喫煙が続いていたという”

“喫煙していた市議らは取材に対し「遠慮はしていたつもりだったが、今後はやめたい」「どこにいっても肩身が狭い」と述べた”

 記者の結論。

市議が市のルールを破っていては市民の信頼は得られない。法に基づく市の要請を受け入れるか、市議会として正式な喫煙所整備を目指すか、対応が求められる。

 横浜市の第二合同庁舎の喫煙室、法施行による閉鎖(’19年7月)前の掲示(’19年4月撮影)。

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 仕事中の喫煙は禁止・違反は退職に ~“サボリ”と「受動喫煙」の問題 ’18年6月

 違反喫煙者は通報しましょう ~職員の喫煙が動画に、市が釈明 ’18年11月

 “勤務中禁煙”なのに多くの職員が「地方公務員法違反」の喫煙~宮城県登米市の失態 ’19年3月

 違反喫煙を自動で発見する装置ができました ’19年7月

 役場敷地内に“闇喫煙所”! ’19年12月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*