加熱式タバコも“感染リスク”があります ~ 受動喫煙も注意

 おなじみ石田記者による、加熱式タバコのあらたな問題提起です。

 加熱式タバコもエアロゾルという霧状物質、ようするに煙のようなものを出しますので、受動喫煙があり、周囲の人も同様の健康被害があると思ってお読みください。

 アイコスなどの「加熱式タバコ」にも「新型コロナ」のリスクが
  =石田雅彦 | ライター、編集者 4/30(金)8:30=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“ 新型コロナの感染者では、高齢者、慢性腎臓病、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、糖尿病などの基礎疾患を持つ人と同様喫煙者は症状が重くなったり……重症化する(Critical)リスクが高い……これは疫学研究のエビデンスとしても、また臨床的な事実としても明らかになっている”

“ 加熱式タバコを含むタバコ製品には、多種多様の有害物質が含まれ、使用される葉タバコにはニコチンが含まれている。ニコチンは、依存性と毒性のある植物性アルカロイドだ。
 ニコチンが体内に入ると、脳や自律神経、骨格筋、細胞などの受容体……に作用し、ドーパミンやアドレナリンなどの神経伝達物質が放出される。
 その結果、心拍数は1.5倍から2倍まで上がり……血圧も上昇し、心臓に負荷をかける。また……体表や指先などの体温が下がる……つまり、加熱式タバコを含むタバコ製品を吸うと、ニコチンにより心血管のシステムへ悪影響が出る”

“ タバコには多くの有害物質が含まれているが、そもそもニコチン自体、がん細胞の増殖や転移などを誘発する物質だ”

“加熱式タバコにも紙巻きタバコと同様、健康への危険性がある……このことはタバコ会社が自分で述べ、タバコのパッケージにも書いている”

“感染や重症化、死亡のリスクに喫煙が強く関係しているが、加熱式タバコでも酸化ストレスや免疫系へのダメージが生じる危険性がある。また、加熱式タバコは呼吸器にも悪影響を及ぼすため、加熱式タバコの喫煙者も新型コロナには注意しなければならない、ということになる”

“ 複数の論文を比較した研究によれば、喫煙による新型コロナ重症化のリスクは特に若い世代で大きい……日本では若い女性で加熱式タバコの喫煙者が増えているようだが、新型コロナへの感染予防のためにも加熱式タバコを含むタバコは、すぐにでもやめたほうがいいだろう”

 ☆石田さんの講演会があります。
 もう一つ、リモート講演会があります=’21年5月30日(日)15:30~=「禁煙・受動喫煙防止活動を推進する神奈川会議」

[当サイト関連既報]※他にもたくさんありますので、検索窓で引いてみてください。
 加熱式タバコ・電子タバコ…“新型タバコ”とは?(=電気式・非燃焼式のタバコについて) ’18年6月

 受動喫煙・加熱式タバコも、PM2.5で感染・重症の危険性が ~ 石田雅彦記者が解説 ’21年2月

 “新型タバコ”=〈加熱式タバコ〉と〈電子タバコ〉=について、「正しい知識を持ちましょう」~ 自治体広報 ’21年2月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*