おっさん“歩きタバコ”は女性にたいへん嫌われています

 またおもしろい調査がありました。

 「タンにツバ吐き、歩きタバコ」女性が嫌う『迷惑3Tオジサン』の生態と対処法
  =『週刊女性PRIME』2021/5/15=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“女性500人に「不快だと思う行為」についてのアンケートをとったところ……リアルな悲鳴が聞こえてきた……不快な行動のトップに挙がった「タバコの煙・タン・ツバ」”

“「オッサンが吐く煙を吸いたくない」(44歳・女性・専業主婦)

「まさに最近、歩きタバコの老人を見かけました。杖をついて歩いているのに、もう片方の手にはタバコ。そこまでして吸いたいのかな? って感じです」(60歳・女性・専業主婦)”

●Komatta-OJISAN 001
歩きタバコオジサン

生態
 寒くもない日に「白い息」を吐いている人がいたら、
歩きタバコオジサンかも。公道でもガマンできず、
紫煙をまき散らしているよ

 なぜ、街中で、多くの人に嫌がられる行為を行うのか? 心理師のコメントも。

“受動喫煙を防ぐ対策が全面施行されているなか、それでも喫煙欲を抑えられないオジサンに集まる視線は、当然ながら冷たい。では、なぜオジサンたちは迷惑行為を繰り返すのか”

“「迷惑行為をする人は、他者の感情に思いが馳せられない、共感力や想像力が足りないことが原因だと思われるかもしれませんが、実はそうではないんです。社会的迷惑行為については、ふたつの自己制御能力というものが関わっており、ひとつは自分の感情や行動を抑制する能力、もうひとつは自分の意見を主張する自己主張という能力です」
……
「前者の能力が高い人は迷惑行為を止められ、後者の能力が高い人は迷惑行為を行いやすい傾向があります。社会のなかでも積極的に発言する立場にあり、自己主張能力を伸ばしてきたのがいわゆるオジサンだとすると、オジサンの迷惑行為が目立ってしまう理由はこのへんにあるかもしれませんね」”

“ 男性300人にとった別のアンケートでは、40%が歩きタバコや路上喫煙を、29%がタンやツバを吐く行為を自覚してやっていることが判明……もちろん「自分はやらない」といった声も多かったものの、当事者たちによる言い訳は、かなり自己中心的”

“「これらの意見には認知的不協和という理論が当てはまります。何らかの欲望と抑制のなかで矛盾が起こったときに、それっぽい言い訳で正当化し、望ましくない行動に舵を切ってしまう……自分を優先して他人に不快感を与えるのは、社会的迷惑行為の定義そのもの」”

“女性たちの怒りの声はまだまだ収まらない。実際、身のまわりに被害が出ているのだ。
……
「子どもが小さいころ、歩きタバコの男性とすれ違った。直前でタバコに気づいて避けたが、タバコの火がちょうど子どもの目の高さで避けなかったらと思うとゾッとした」(49歳・女性・専業主婦)”

“ こういった迷惑行為に解決策はあるのだろうか。

「迷惑行為はオジサンに限った行動ではないのは大前提なのですが、社会的迷惑行為を解決するのは難しいんです。実は注意しても変わらないという研究結果もあるため、いまは静観しつつ、仕方ないではすまない機運を高めることも大事ですね」

 困ったオジサンたちとの戦いは、まだまだ続きそうだ

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 女性はやはり受動喫煙がイヤ~本音コメント集 ’19年9月

 車の中でされたら最もイヤなこと、女性1位は ’20年8月

 受動喫煙の女性アンケート:なぜ気になるか・どうするか? ’21年3月

 “受動喫煙は、気分が悪い” 全国調査結果・・・高齢男性は受動喫煙に鈍感の傾向が ’19年11月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*