主流煙とは?副流煙とは?呼出煙とは?

タバコを吸う際には、煙が発生します。

煙の発生場所や、シーンに対して、名称がついています。

フィルターを通じて口から吸われ肺に入っていく煙を「主流煙」、 その後、口・鼻から出てくる煙を「呼出(こしゅつ)」といい、 タバコの先端から出ている煙を「副流煙」と呼びます。

副流煙については以前の本コラム 副流煙」と「受動喫煙」 違いは?/三次喫煙=サードハンドスモークは受動喫煙か? でも説明しましたが、さらに細かく見ていきましょう。

主流煙(しゅりゅうえん)

喫煙者の肺に入っていく煙を指します。

その後、吐き出されると、呼出煙 と呼ばれます。

呼出煙(こしゅつえん)

タバコを吸っている人物の口・鼻から吐き出される煙のことを言います。

「タバコの煙」というと、こちらをイメージする人が多いのではないでしょうか。

呼出煙

副流煙(ふくりゅうえん)

タバコに火をつけた際に、タバコの先端から出る煙のことを言います。

副流煙

副流煙の有害性

主流煙ばかりに気を取られがちですが、副流煙にも、とうぜん同様の各種有害物質が含まれています。しかも量・有害性が、喫煙者自身が吸う主流煙より多くなっています

下記は、厚生労働省が、主流煙と副流煙の有害物質含有量の比較実験を、カナダの研究機関にて行った結果の報告の抜粋です。

例)ニコチンの収量

主流煙(mg/本) 副流煙(総計 mg/本)
フロンティアライト 0.12 3.54
マイルドセブン・エクストラライト 0.302 5.79
マイルドセブン・スーパーライト 0.438 4.48
マルボロ・メンソールライト 0.601 4.69
キャビン・マイルド 0.66 4.74
マイルドセブン 0.958 5.03
セブンスター 1.44 4.78

報告によると、例えばニコチンに関しては、単純計算で 7.31倍 と出ています(7銘柄の副流煙の「総計」 / 標準7銘柄の主流煙の平均値)。

喫煙者が望んで吸っている主流煙よりも、周りに出ていく副流煙の方が、有害物質が多いと言えます。

※厚生労働省 平成11-12年度たばこ煙の成分分析について(概要)
※実験環境などについては、リンク先よりご確認ください。

受動喫煙と副流煙

主流煙は、喫煙者の吸入により先端から空気(酸素)がとりこまれるため、燃焼温度が高くなった状態(約900℃)で吸われています。(先端が赤くなっている状態)
そのため、「完全燃焼」に近い状態になり、多くの成分が消滅または低減しています。

しかし副流煙は、吸入していないので酸素が少なく、低温(約300℃~400℃)で、「不完全燃焼」になっています。
そのため、有害成分が多く燃え残って、飛散するのです。

実験結果からもわかる通り、副流煙には有害物質が大量に含まれているので、呼出煙以上に注意しなければなりません。

先端から出る煙は、

1 低温で不完全燃焼を起こしている
2 フィルターを通っていない

ことから、主流煙・呼出煙よりも有害物質が多いと指摘されています。※がん情報サービス

喫煙者が煙を吐き出す際、横や上を向いて、人の居ない方向に煙を吐き出し、同席している人に煙がからないように配慮している光景を見ますが、火のついたタバコを置いているときに出る副流煙も、深刻な受動喫煙被害を引き起こす煙です。

副流煙もまた、人に吸わせてはいけません。副流煙も、人にかからない、届かないように配慮しなければなりません。

☆副流煙の害について詳しくは、『STOP受動喫煙 新聞』第10号、シンポジウムでの村松医師の講演の記録にも掲載しています。

三次喫煙とは?

「副流煙」「呼出煙」とは別に、タバコの残留物質によって受動喫煙の被害が発生することがあり、「三次喫煙」と呼ばれています。

これについては、 三次喫煙とは を御覧ください。

 [本記事は、受動喫煙撲滅機構の関係団体による執筆です]