医師たちが病院で喫煙、禁煙外来が見送りに ~ 熊本県

 また情けない話、法律で喫煙が禁止されている病院で、患者や外来者ではなく、こともあろうに病人と接する医師や職員らが違反喫煙をしていたとのこと(しかも呼吸器系)。

 おかげで、準備していた禁煙外来が延期になってしまったそうです。

 医師が白衣姿で喫煙か 「禁煙外来」開設を延期に【熊本】
  =『RKK熊本放送』2021年5月28日 18:16=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“6月にも禁煙外来を開設しようと準備を進めていた玉名市のくまもと県北病院は、病院でタバコを吸う職員がいるとの通報を受け、禁煙外来の開設を延期すると発表しました”

“近くの住民から医師らが病院の敷地で度々喫煙しているとの通報が……「ここに隠れて、2人でしゃがんで。午前中1回、午後1回」(近所の住民)”

“敷地内で喫煙しているのは呼吸器系の専門医や検査技師……「関係者によりますとこの病院の敷地の広場だけでなく、あちらの人目につきにくいスペースでも喫煙する人が目撃されています」(記者)
敷地内だけでなく、すぐ近くの私有地でも病院の職員が喫煙していたとみられています”

 注:病院の敷地内喫煙が改正法で禁じられたのは、去年の4月ではなく、’19年7月の一部施行からです。[続報]法施行により行政・病院・学校などが禁煙に ’19年7月

 

 画像は病院のサイトのホームページより。統合して今年できたばかりなのですね。「地域に愛され 信頼される存在へ」

 

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 “入っていいのは「非喫煙」運転手の車のみ” 三次喫煙撲滅の病院タクシー乗り場が本格運用に = がん研有明病院 ’21年5月

 「受動喫煙症」 知っていますか?(受動喫煙による病気・症状) ’18年4月

 違反喫煙者は通報しましょう ~職員の喫煙が動画に、市が釈明 ’18年11月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*